メインメニューを開く

波浮港村(はぶみなとむら)とは、東京都大島支庁管内にかつて存在した村である。大島町の地名として現存する。

波浮港村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新設合併
元村岡田村泉津村野増村
差木地村波浮港村大島町
現在の自治体 大島町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都 大島支庁
なし
隣接自治体 差木地村
波浮港村役場
所在地 東京都波浮港村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

  • 現在の大島町の南東部に位置する。
  • 村域のほとんどは山がちな地形である。
  • 村は太平洋に面している。

歴史編集

沿革編集

変遷表

1908年
以前
明治41年
4月1日
昭和30年
4月1日
現在
波浮港村 波浮港村 大島町 大島町

交通編集

 
波浮港

港湾編集

  • 波浮港 - 9世紀の火口跡で江戸時代末期に秋廣平六により整備された港。かつては利島行の連絡船が出ていたが、現在は漁港。円形を描く入江が美しい。また、港の集落には大正時代に立てられた木造三階建の建造物が残っている。新民謡「波浮の港」で有名。

参考文献編集

関連項目編集