メインメニューを開く

泰昌(たいしょう)は中国、代の元号1620年8月 - 12月)。第15代皇帝光宗の在位期の年号であり、このため光宗は泰昌帝と呼ばれる。

中国では皇帝の代替わりによる改元は、本来は踰年改元といって、翌年の元日に改められる。すなわち、皇帝が崩御した翌年の元日から新年号が用いられる。万暦48年(1620年)7月に万暦帝が崩御し、8月に光宗が即位した。前記の原則に従えば、1620年いっぱいは万暦48年とされ、翌年から新しい年号となる。実際に、光宗も即位時に翌年(1621年)を泰昌元年とすると発表した。しかし、光宗が9月に急死し熹宗が即位したため、再び原則に従えば1621年の年号を新しくしなくてはならず、光宗の治世を示す年号が立たないままで終わってしまう。そのため、群臣は万暦48年(1620年)の8月以降を「泰昌元年」とした。

西暦との対照表編集

泰昌 元年
西暦 1620年
干支 庚申


前の元号:
万暦
中国の元号
次の元号:
天啓