メインメニューを開く
1989年1月7日総理大臣官邸にて新元号平成」を発表する内閣官房長官小渕恵三元号法に基づき史上初めて内閣が元号を選定した。また、元号の発表が史上初めてテレビ中継された

改元(かいげん)とは、元号を変更すること。

目次

概説編集

中国日本など東アジアでは、紀年は、60年周期の干支の外に、君主皇帝天皇)の在位期間を基準に定められ、治世途中で再び元年から始めることを改元と呼んだ。元号を使うようになってからは、元号も同時に改められた。このため、改元が元号を変えること(改号)と同一視されることもある。

元号使用以前について、正史では便宜上、「中元年」「後元年」など、「中」や「後」をつけて記録している。なお、帝王の退位により新帝王が即位すると、再び元年から始められ、一般的にこれも改元と呼ぶことがあるが、専門的には、治世途中の改元だけを改元とし、新帝王の即位による元年は称元(しょうげん)と呼んで区別することがある。

経緯編集

明治から第二次世界大戦までの日本では、一世一元の制が施行された。

第二次世界大戦後、日本国憲法施行と皇室典範改正により、元号の法的根拠は一旦消失したが、昭和54年(1979年)施行の元号法によって、皇位の継承があった場合に限り元号を変更することが定められた。

種類編集

 
2019年4月1日総理大臣官邸にて新元号令和」を発表する内閣官房長官菅義偉。新元号が史上初めて一ヶ月前に事前発表された

改元の理由編集

改元はその理由を基準として主に

  1. 君主の交代による代始改元
  2. 吉事を理由とする祥瑞改元
  3. 凶事に際してその影響を断ち切るための災異改元
  4. 三革を区切りと見なして行われる革年改元(三革とは、革令(甲子の年)・革運(戊辰の年)・革命(辛酉の年))

に分類される。

改元の基準点編集

改元する際、新元号の始点をどこに置くかが問題となるが

  1. 改元が布告された時点で、布告された年の元日に遡って新元号の元年と見なす場合(立年改元
  2. 改元が布告された日から後を(布告された日の始まりに遡って)新元号の元年とする場合(即日改元
  3. 布告の翌日から後を新元号の元年とする場合(翌日改元
  4. 布告の年の末日までを旧元号とし、翌年の元日から新元号を用いる場合(踰年改元、越年改元
  5. 布告の月の末日までを旧元号とし、翌月の一日から新元号を用いる場合(踰月改元

に分けられる[1]。時代によって暦日時刻の観念が異なるので確定は難しい。また、特に時刻レベルで改元時点を確定する必要が生じたのは日本の「大正」改元以降のみである[要検証]

日本の改元は概ね1か2か3のいずれかのパターンであり、「明治」改元は1. 、「大正」「昭和」改元は2. 、「平成」改元は3. 、令和」改元は5. である。[要出典]

歴史編集

一方、一世一元の制を布いた朝以降の中国では原則4. を採っていた。国土の大きい中国の場合、布告の周知徹底には時間が長引くため、新元号の発表と同時に全土で改元を実施することは困難であり、4が現実に即していた[2]。唯一の例外は明の光宗の場合である。光宗は父の神宗の死去に伴って7月に即位したものの、8月には急死してしまったため、越年改元だと神宗の元号である「万暦」の次は、光宗の後を継いだ熹宗の元号である「天啓」になってしまい、光宗の元号である「泰昌」が消滅してしまうため8月以降を「泰昌元年」とし、翌年に「天啓」へ改元した。

改元を即位の年に行う即日改元ならびに翌日改元(布告日が12月31日以外)、踰月改元では、1年間に複数の元号が並立する。また、立年改元の場合にも、改元の年に発行された文書、書籍などの元号の書き換えも必要となる。逆に、越年改元は、1年間に一つの元号のみであり、新帝即位の年は先帝に遠慮して旧元号を用い、即位の翌年元日に改元する。越年改元は、儒教的な服喪の理念に基づいており、中国でも日本でも平時にはこの方式が採られていた。一方、王朝の交代や先帝の廃位などによる改元の場合には、むしろ先代の権威を否定するために立年改元が行われた。明治以降の日本で立年改元や即日改元が実施された要因は、「孝」の理念よりは、国家元首である天皇の交代を速やかに国民に印象づけることが優先されたためである。

なお、中世後期(室町時代後期)から近世初期にかけての東国では、改元の報が知らされてもその年の内は旧年号を用い、年が明けてから2年の別名として「元年」と称したとする「元二年」と呼ばれる慣習があったとする説がある[3][4]


改元の時の世間編集

天皇の崩御や凶事に伴う改元が「わるいこと」とされ、国民は謹厳な面持ちで迎えていた。

昭和から平成の改元は昭和天皇が崩御したため、歌舞音曲や娯楽を自粛し、皇族や三権の関係者は喪服を着て一連の行事を執り行った。改元の瞬間も大きく盛り上がらず、街の照明も消されて「喪」を前面に出した。

吉時や天皇の譲位・退位に伴う改元は「祝い事」とされ国家的慶事として盛り上がった。

平成から令和への改元は上皇へ即位するためのもので、おことばのあとから「平成最後の・・」がついたイベントが増えたり、次の元号の大規模予想もなされり上がり、改元の瞬間にカウントダウンが行われ盛り上がったほか、皇族も華やかな服装で儀式に臨んだ。

歌舞音曲や経済活動も当然自粛されず、「令和」を前面に出した楽曲や「奉祝令和元年」のイベント、令和記念御朱印なども話題になっている。

テレビコマーシャルも平成改元は自粛で公共広告機構のCMに変わったが、令和改元は明治KDDI日産自動車など改元慶祝CMを作成した。

その他編集

江戸時代後期の日本では中井竹山藤田幽谷石原正明広瀬淡窓らが、改元と天災地変との関連性がなく、却って社会に混乱を招いているとしてこれを批判した。

明治以前(慶応とそれ以前)の改元は『続日本紀』や改元詔書に見られるとおり年単位であったと言われるが、『類聚国史』では日単位(つまり即日改元または翌日改元)による改元の記載があるとの指摘もある。また『続日本紀』にも「天平宝字改元の勅」のように日単位で改元した例も記載されている。このように明治以前の文書では年単位か日単位か実務上の取扱は曖昧であったと言ういっぽうで、大正以降の改元は一世一元の制またはこれに準ずる法制によっているので、自ずから日単位の扱いに統一されたと指摘している。

なお、九州大学大学院法学研究院の七戸克彦は、大正時代の歴史教科書の記載に関し「即時改元」と解されるような解釈が見られた事を指摘している[1]。すなわち、大正元年9月9日発図第145号文部省図書局照会において明治天皇が崩御した1912年7月30日0時43分を境界として明治と大正を使い分ける事が示唆されているとする[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 七戸(2017)
  2. ^ ただし日本も南北東西に長く、特に北海道と沖縄県を編入した明治初期以降はますます日時較差は開くことになる。交通の不便な離島は数ヶ月以上遅延したこともあった。
  3. ^ 勝俣鎮夫「戦国時代東国の地域年号について」『戦国時代論』(岩波書店、1996年)
  4. ^ 丸島和洋「岩松持国の改元認識」(初出:『戦国史研究』58号(2009年)/所収:黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一五巻 上野岩松氏』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-164-6

参考文献編集

  • 七戸 克彦「皇位継承と改元に関する若干の覚書 (PDF) 」 『ふくおか : 会報』第122巻、福岡県土地家屋調査士会、2017年1月、 3-6頁、 NAID 120005971224

関連項目編集

外部リンク編集