洗心禅寺(せんしんぜんじ)は、中華人民共和国湖南省長沙市望城区にある仏教寺院。

洗心禅寺
洗心禅寺
Shanmen, Xixin Chan Temple.jpg
山門。
洗心禅寺の位置(湖南省内)
洗心禅寺
湖南省における位置
洗心禅寺の位置(中華人民共和国内)
洗心禅寺
洗心禅寺 (中華人民共和国)
基本情報
所在地 中華人民共和国の旗 中国 湖南省長沙市望城区
座標 北緯28度17分4.20秒 東経112度51分52.91秒 / 北緯28.2845000度 東経112.8646972度 / 28.2845000; 112.8646972座標: 北緯28度17分4.20秒 東経112度51分52.91秒 / 北緯28.2845000度 東経112.8646972度 / 28.2845000; 112.8646972
宗教 仏教
宗派 臨済宗
建設
様式 中国建築
創設者 漢月法蔵
創設 1620年
テンプレートを表示

歴史編集

万暦48年(1620年)僧人の漢月法蔵により創建された。当時は洗心庵と称した[1]

中華民国の時、この寺は107間部屋、70人の僧侶、400畝の土地を持つ。

1966年、毛沢東文化大革命を発動し、寺院の宗教活動は中止に追い込まれた。紅衛兵により寺廟などの宗教施設が徹底的に破壊された。寺内のすべての文化財が消えた。

21世紀の初期、中国仏教協会会長の一誠は寺院を重修すると誓った。2002年9月、一誠は弟子の釈悟聖を派遣して寺の仕事を再建する[1]

2008年2月24日、一尊はタイからの四面仏ブラフマーに、寺に奉納されている[2][3]

伽藍編集

山門、天王殿、大雄宝殿(本堂)、鐘楼鼓楼、蔵経閣。

ギャラリー編集

主な住僧編集

脚注編集