ビルマの四護神を表した図

四天王(してんのう[注釈 1]サンスクリット語:चतुर्महाराज caturmahārāja[要出典])は、仏教の世界観における須弥山の中腹にある四天王天の四方に住んで、仏教を守護する四つの神(方の持国天方の増長天西方の広目天方の多聞天)のこと[1]四大王(しだいおう)ともいう[2]

目次

概説編集

六欲天の第1天、四大王衆天(四王天)の主。須弥山頂上の忉利天(とうりてん)に住む帝釈天に仕え、八部鬼衆を所属支配し、その中腹で伴に仏法を守護する。

須弥の四洲(東勝神洲=とうしょうしんしゅう、南瞻部洲=なんせんぶしゅう、西牛貨洲=さいごけしゅう、北倶廬洲=ほっくるしゅう)を守護し、忉利天主・帝釈天の外臣である。この天に住む者の身長は半由旬、寿命は500歳で、その一昼夜は人間界の50年に相当する。

日本での信仰編集

四天王は早くから日本でも信仰されていた。『日本書紀』によれば仏教をめぐっておこされた蘇我馬子物部守屋との戦いに参戦した聖徳太子は、四天王に祈願して勝利を得たことに感謝して摂津国玉造(大阪市天王寺区)に四天王寺(四天王大護国寺)を建立したとされる[注釈 2]

像容編集

インドでは貴人の姿で表現されたが、日本では甲冑を着けて武器を持ち、邪鬼を踏みつける姿をとる[1]。像は須弥壇の四隅にそれぞれ配置される[1]。四天王像としては、東大寺の戒壇院のものが有名である[1]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「してんのう」は、「してんわう」の連声[1]
  2. ^ のち、荒陵の現在地に移転。

出典編集

  1. ^ a b c d e 四天王(してんのう)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月22日閲覧。
  2. ^ 中村元 『広説佛教語大辞典』 東京書籍、2001年6月、681頁。
  3. ^ 中村元 『佛教語大辞典』 東京書籍、1981年。

関連項目編集

外部リンク編集