メインメニューを開く

津上忠(つがみ ただし、1924年2月27日[1] - 2014年9月28日)は日本の劇作家、演出家である。

東京生まれ。鎌倉アカデミア演劇科・舞台芸術学院卒。演劇協会監事。日本民主主義文学会副会長、幹事。町田ペンの会会長。劇作家協会会員。前進座座友。前進座に所属し、多くの創作、脚色、演出を手がける。幸田露伴原作の『五重塔』、森鴎外の『阿部一族』など、前進座の長く定番とされる演目をつくりあげた。松本清張とも親交があり、清張原作のテレビドラマの脚色もつとめた。東宝、松竹ほか劇団制作の上演作品多数。テレビ、ラジオドラマ作品も手がける。

創作には、『乞食(かんじん)の歌』『早春の賦』などがある。 2014年9月28日死去[2]。90歳没。11月13日に前進座主催のお別れの会が如水会館で開かれた。

目次

著書編集

  • 『津上忠歴史劇集』未来社 1970
  • 『早春の賦 小林多喜二 プロローグとエピローグのある九場』未来社 てすぴす叢書 1973
  • 『演劇と文学の間 劇作修業と体験的劇作論』光和堂 1982
  • 『歴史小説と歴史劇』新日本新書 1982
  • 『現代劇選集』青磁社 1984
  • 『歴史紀行』新日本出版社 1985
  • 『炎城秘録 津上忠戯曲選』影書房 1990
  • 『幕の内外で 芝居噺』新日本出版社 1992
  • 『のべつ幕なし』新日本出版社 1996
  • 『不戦病状録抄 津上忠作品選集 続・のべつ幕なし』本の泉社 2008
  • 『作家談義 評論・エッセイ集』影書房 2010
  • 『評伝演出家土方与志』新日本出版社 2014

共編編集

参考文献編集

  • 『作家談義』(本人著書、影書房刊行)の内容および略歴

脚注編集