メインメニューを開く

津田 信任(つだ のぶとう)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名豊臣氏の家臣。通称は与左衛門、または官途と同じ左近将監。諱は信秋とも言う。

 
津田信任
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 信任→長意(号)
別名 信秋、通称:与左衛門
官位 従五位下左近将監
主君 豊臣秀吉
氏族 津田氏織田氏庶流)
父母 父:津田盛月
兄弟 信任信成織田忠辰
信次信一

略歴編集

津田信勝(盛月)の長男として誕生。津田氏は勝幡織田氏庶流で、一説には織田信長の従甥にあたると云う。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)に家臣として長浜城主時代から仕え、天正元年(1573年)に黄母衣衆に任じられた。文禄2年(1593年)、父の死去により家督を継いだ。山城国三牧城主として3万5000石を領した。

しかし同年または翌年、伏見醍醐、山科における洛外千人斬り事件の犯人として逮捕された。死罪になるところであったが、父の多年の功績に免じて死一等を減じ、所領(御牧藩の前身)を没収。剃髪出家して長意と号するように命じられ、前田利家(または利光)に身柄を預けられて、加賀国金沢に幽室蟄居となった。

結局、家督は弟・信成が1万3000石に減封された上で相続した。

参考文献編集

  • 高柳光寿; 松平年一 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、1973年。ISBN 4642025251 
  • 南方熊楠 国立国会図書館デジタルコレクション 『続南方随筆』 岡書院、1926年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/981768/75 国立国会図書館デジタルコレクション