メインメニューを開く

御牧藩(みまきはん)は、山城国久世郡御牧(現在の京都府久世郡久御山町)に存在した

概要編集

藩主家は織田氏庶流の津田家である。津田信成織田信長の一族で、信長没後は豊臣秀吉に仕えて山城御牧に1万3000石を領していた。秀吉没後は豊臣秀頼に仕えていたが、関ヶ原の戦い直前に徳川家康に急接近して東軍に与し、戦功を挙げたために所領を安堵され、存続を許された。

しかし慶長12年(1607年)、美濃清水藩稲葉通重と共に京都の祇園に赴いたとき、茶屋の女房をはじめとする美女78人に乱暴狼藉を働いた経緯を家康に咎められ、御牧藩は改易された。

歴代藩主編集

津田家

1万3000石。外様

  1. 津田信成(のぶなり)