津逮秘書

津逮秘書』(しんたいひしょ)は、末に毛晋によって編纂された叢書。全15集から構成され、137種[1]の書物を収録する。

目次

成立編集

はじめ蔵書家・出版家の胡震亨が、自分の蔵書をもとにして22種の書物をあつめた『秘冊彙函』(ひさついかん)という叢書を沈士龍とともに万暦31年(1603年)に出版したが、その後、版木が火事で焼けてしまった。毛晋は焼け残った版木を購入し、胡震亨の協力のもとに大幅に書物を追加して、崇禎年間に『津逮秘書』全15集として出版した。『津逮秘書』には毛晋の序のほかに胡震亨の題辞がつけられている。

書名は『水経注』に記載されている、川を渡らねば到達できない難所にある、書物を収めた石室の伝説に由来する[2]

評価編集

四庫全書総目提要』は、『津逮秘書』が多くの偽書を含んでいることを批判している。

『津逮秘書』は『小学紺珠』『斉民要術』『洛陽伽藍記』『東京夢華録』『輟耕録』『捜神記』『捜神後記』など多くの重要な書籍を含むので、かつてはよく利用されたが、かならずしも善本が収められているわけではない。他のよい版本がある場合はそちらによる方がよい。

学津討原編集

の張海鵬による叢書『学津討原』(がくしんとうげん、1805年刊)は、『津逮秘書』から詩集・書画関係の書物および偽書を除き、経・史・子の書物を補ったもので、20集からなり、173種の本を含む。

叢書の成立上『津逮秘書』と共通する書物が多数を占めるが、独自に校勘を行っているため、『津逮秘書』のものよりも改善されていることが多い。

脚注編集

  1. ^ 『四庫全書総目提要』による。版によってはこれより多いものもある
  2. ^ 楊守敬、熊会貞 『水経注疏』河水2。「『十三州志』曰(中略)懸巌之中、多石室焉。室中若有積巻矣、而世士罕有津逮者。(趙云:何氏曰帰太僕家鈔本作「津造」。作「津達」。守敬按:黄本・呉本作「逮」。「逮」字不誤。毛氏『津逮秘書』取此。)」

参考文献編集

外部リンク編集