メインメニューを開く

崇禎

明朝の年号

崇禎(すうてい)は中国代の最後の皇帝である第17代皇帝毅宗の治世中で使用された元号1628年 - 1644年一世一元の制を採用していたため、毅宗は崇禎帝と称される。

崇禎17年3月19日、李自成により明は滅亡。李自成は、その年の1月に西安で皇帝を称し、年号を永昌としていたが、4月にによって逐われた。その清の元号では、この年は順治元年である。
一方、南京では、崇禎帝の従兄弟である福王・朱由崧が5月15日に皇帝に即位し、明朝を復興(南明)、踰年改元法に則り、崇禎の年号を継承し、翌年正月をもって弘光に改元する。

李氏朝鮮では、明の滅亡後、明の後継者は朝鮮だとする小中華思想により、崇禎による崇禎紀元を使い続けていた。

西暦との対照表編集

他年号との対照表編集

崇禎 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
後金
天聡2 天聡3 天聡4 天聡5 天聡6 天聡7 天聡8 天聡9 天聡10
崇徳
崇徳2
崇禎 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年  
崇徳3 崇徳4 崇徳5 崇徳6 崇徳7 崇徳8 順治
- - - - - - 永昌

関連項目編集


前の元号:
天啓
中国の元号
次の元号:
弘光