捜神記』(そうじんき 繁体字: 搜神記; 簡体字: 搜神记; ピン音: Sōushénjì)とは、4世紀に中国東晋干宝が著した志怪小説集。『隋書』「経籍志」などによると、もとは30巻あったというが、散逸し、現存する20巻本は、後の人が蒐集、再編して万暦年間に『干宝撰捜神記』と題して刊行したもの。

原書は、著者の干宝が、先立つ書より収録したものと、自身の見聞とを併せたものであるとされる。本書を著述するようになった機縁は、干宝の父の婢が埋葬ののち10数年後に蘇ったことに感じ入って、本書を著すようになったという。

現行20巻本は、神仙・方士・徴応・感応・再生・魑魅・妖怪・人間や動植物の怪異などに関係する470余の説話を、説話の型で巻ごとに分類して収録している。中には後世の作も混入しており、仏教的な説話も含まれている。

後の書にも『捜神記』からの引用とする説話が多くあり、『太平広記』では80数条が収録されている。

捜神後記編集

本書を後補するものとして、『捜神後記』(そうじんこうき)10巻が存在する。「桃花源記」が採録されていることから東晋の陶淵明の著作とされるが、後代の人が著名な陶淵明に仮託したものとされる。ただ、やはり六朝時代の作であることは間違いない。

参考文献編集

外部リンク編集