浅野長勝

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。浅野氏当主。尾張国海東郡津島。

浅野 長勝(あさの ながかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将浅野氏当主。父は浅野長詮(または浅野長方)。妻は七曲殿杉原家利の娘)。通称は又右衛門。

 
浅野長勝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正3年9月10日1575年10月13日)?[1]
別名 又右衛門(通称)
主君 織田氏豊臣秀吉
氏族 浅野氏
父母 浅野長詮または浅野長方
兄弟 安井重継室、長忠(諸説あり)、長季(諸説あり)、長勝、長継(諸説あり)
七曲殿
高台院長生院
テンプレートを表示

経歴編集

 
浅野長勝宅址(愛知県稲沢市)

尾張織田氏に弓衆として仕えた。天正年間に安井城(現在の愛知県名古屋市北区)を築城し、後に長勝が中島郡大里村(同県稲沢市)に所領が移った時に廃城となった。後に浅野城(同県一宮市)に移る。その後、織田信長の命により羽柴秀吉に属す。

男児はなく、妻・七曲の妹の朝日杉原定利夫妻の娘であるねね(おね)やや[2]の姉妹を養女として養育し、姉婿の安井重継の子で甥にあたる弥兵衛(後の浅野長政)をややの婿養子にむかえ家督を継がせた。また、ねねが木下藤吉郎(後の秀吉)に嫁いだことから浅野氏は木下(杉原)家とならんで秀吉に最も近い姻戚となり、この関係から豊臣政権に重きをなすことになる。

系図編集

 
安井重継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長吉(長勝婿養子、浅野長政)
 
 
 
浅野幸長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野長晟
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野長勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やや(長勝養女)
 
 
 
浅野長重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
七曲殿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ねね(おね、長勝養女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)
 
 
 
木下勝俊
 
 
 
 
 
朝日殿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木下家定
 
 
 
木下利房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
杉原定利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小早川秀秋(豊臣秀吉→小早川隆景養子)
 

脚注編集

  1. ^ 没年は『寛政重修諸家譜』に基づく。『祖父物語』では永禄11年(1568年)9月、観音寺城の戦いで戦死したとあり、『高野山過去帳』では永禄12年(1569年)3月20日ともある。
  2. ^ ややに関しては長勝の実子ともいわれる