久米明

日本の俳優、声優、ナレーター (1924-2020)

久米 明(くめ あきら、本名:同じ[2]1924年(大正13年)2月8日[2] - 2020年(令和2年)4月23日[1])は、日本俳優声優ナレーター。元日本大学芸術学部教授。2019年時点で、現役で活動していた[3]世界最高齢の声優であった。

くめ あきら
久米 明
本名 久米 明
生年月日 (1924-02-08) 1924年2月8日
没年月日 (2020-04-23) 2020年4月23日(96歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府
死没地 日本の旗 日本東京都[1]
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優声優ナレーター
活動期間 1947年 - 2019年
著名な家族 久米秀作(長男)
久米大作(次男)
久米ナナ子(長女)
主な作品
トラ・トラ・トラ!
ザ・ガードマン
すばらしい世界旅行』(ナレーション)
鶴瓶の家族に乾杯』(ナレーション)
のび太の結婚前夜』(声優)
ハンフリー・ボガート出演作品 他
 
受賞
紫綬褒章1992年
勲四等旭日小綬章1997年
テンプレートを表示

来歴編集

東京府(現東京都)出身[2]。旧制麻布中学校、東京商科大学(現・一橋大学)卒業。永井正(元三井ホーム社長)は中学・大学の同級生[4][信頼性要検証]速水優(元日本銀行総裁)や川勝堅二(元三和銀行頭取)、本間要一郎横浜国立大学名誉教授)、関恒義(一橋大学名誉教授)、岡稔(元一橋大学教授)などは大学予科の同級生[5]

学徒兵として敗戦を迎え、大学に復学後、俳優座によるゴーゴリ『検察官』に感銘を受け演劇研究会を立ち上げる。1947年、木下順二山本安英らと劇団「ぶどうの会」を結成。以降も中心俳優として活躍するが、1964年、同劇団の分裂・解散によりフリーとなり、その後、1966年に現代演劇協会内の劇団欅に入団、1976年には劇団昴の結成に参加し、2007年まで所属する間に数多くの舞台に立った。

1972年から日本大学藝術学部講師、1975年から同教授に就任。1992年紫綬褒章1997年勲四等旭日小綬章を受章[6]

2020年4月23日未明、心不全のため東京都内の病院で逝去[1][7]。満96歳没。

人物編集

顔立ちが池田勇人によく似ていたことから、『金環蝕』『不毛地帯』(共に山本薩夫監督)では、池田がモデルとなっている政府高官を演じ、『日本の戦後』シリーズでは池田役も演じた。

独特の語り口で声優としても活躍。ハンフリー・ボガートの専属吹き替え、『日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行』や『鶴瓶の家族に乾杯』のナレーターで知られる(『家族に乾杯』は晩年まで務めていたものの、体調がすぐれないことから2019年3月放送分を持って降板し、その後は東京都内の高齢者施設に入所。復帰には前向きな姿勢を示していたという)[8]

久米宏とは親戚関係にはないが、宏からは「僕のお父さん」と呼ばれて慕われていた[9][10]

親族編集

後任編集

久米の体調不良による後任は以下の通り。

出演作品(俳優)編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

CM編集

  • コルゲントローチ
  • カルビーポテトチップス(1989年) - ナレーター

出演作品(声優)編集

吹き替え編集

俳優編集

ハンフリー・ボガート
ラルフ・ベラミー

洋画編集

海外ドラマ編集

海外人形劇編集

アニメ編集

テレビアニメ編集

1980年
1991年
1997年
2004年

劇場アニメ編集

1982年
1983年
1985年
1996年
1999年

OVA編集

1988年
1991年

ゲーム編集

1993年
1995年
1999年

ラジオ編集

ナレーション編集

著書編集

  • 『朗読は楽しからずや』(2007年、光文社) - 付録にミニCDがつく。
  • 『僕の戦後舞台・テレビ・映画史70年』(2018年、河出書房新社

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “俳優・久米明さん死去、96歳…ボガートなどの洋画吹き替え、ナレーターでも活躍”. Sponichi annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年4月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/24/kiji/20200424s00041000023000c.html 2020年4月25日閲覧。 
  2. ^ a b c 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、436頁。ISBN 4-415-00878-X
  3. ^ 鶴瓶の家族に乾杯』ナレーション
  4. ^ /06/04, 日経産業新聞
  5. ^ 本間要一郎, 大月康弘, 渡辺雅男 ほか, 「戦争末期から戦後初期の東京商科大学」 第9回(2011年1月24日)研究会記録, 2011年, 福田徳三研究会
  6. ^ 「秋の叙勲 晴れの受章者520人 あふれる喜び、3氏に聞く」『読売新聞』1997年11月3日朝刊
  7. ^ 久米明さん死去 俳優 ナレーター 声優として活躍 心不全”. NHK (2020年4月23日). 2020年4月27日閲覧。
  8. ^ “久米明さん死去 俳優 ナレーター 声優として活躍 心不全”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会. (2020年4月23日). オリジナルの2020年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200423151429/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200423/k10012402441000.html 2020年4月25日閲覧。 
  9. ^ 2013年02月23日 ゲスト:久米明さん(俳優)”. 久米宏 ラジオなんですけど. TBSラジオ. 2018年3月27日閲覧。
  10. ^ “久米宏「僕の父親だっていう説が一時…」96歳で他界した久米明さんしのぶ 義理の娘に当たる歌手の名も”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年4月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/25/kiji/20200425s00041000201000c.html 2020年4月25日閲覧。 
  11. ^ プリティ・ウーマン”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月15日閲覧。
  12. ^ チャーリーとチョコレート工場”. 金曜ロードSHOW!. 2016年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月1日閲覧。
  13. ^ “坊っちゃん”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=19 2016年5月9日閲覧。 

外部リンク編集