メインメニューを開く

浜北人(はまきたじん)は1962年静岡県浜北市(当時、現在の浜松市浜北区)の岩水寺採石場・根堅洞窟で発見された旧石器時代化石人骨。浜北原人とも言う。

目次

概要編集

1960年1962年にかけて、根堅洞窟の堆積より、 脳頭蓋下顎智歯脛骨片鎖骨上腕骨尺骨腸骨の骨片からなる20代女性のものと推測される同一個体の化石が鈴木尚高井冬二長谷川善和らの手により発見された。これらは更新世後期のものと推定され、の形態から新人に属するという。縄文人と類似した形質から、その祖形と推測される。このほかにもトラなどの動物が発見され発掘された。

現在は東京大学の総合資料館に保管されている。

年代の特定編集

年代の特定は化石人骨では全国初となる炭素14法によって実施され、約1万4000年~1万8000年前のものであるとの測定結果が出されており、旧石器時代の化石人骨である事が確認された。

参考文献編集

関連項目編集