メインメニューを開く

浜松市みをつくし文化センター(はままつし みをつくし ぶんかせんたー)は浜松市北区細江町にある文化施設。

浜松市みをつくし文化センター
Hamamatsu City Miotsukushi Cultural Center 02.JPG
情報
正式名称 浜松市細江多目的センター
旧名称 細江町民福祉センター
完成 2011年1月31日
開館 2011年4月1日
閉館 2007年4月30日
客席数 496席
延床面積 1,200.37m²
用途 コンサート、講演、演奏会
運営 浜松市
所在地 431-1305
静岡県浜松市北区細江町気賀369番地
位置 北緯34度48分24.3秒 東経137度39分1.5秒 / 北緯34.806750度 東経137.650417度 / 34.806750; 137.650417座標: 北緯34度48分24.3秒 東経137度39分1.5秒 / 北緯34.806750度 東経137.650417度 / 34.806750; 137.650417
アクセス #交通アクセスを参照
外部リンク 浜松市みをつくし文化センター

目次

概要編集

北区役所の北側に位置し、多目的なホールとリハーサル室を備え、生涯学習の振興や芸術、文化振興の拠点である[1]生涯学習の推進を図る目的の「文化センター」と、農業構造の改善を図る目的の「農業就業改善センター」の併設し、旧細江町地域の文化振興の中心である。旧ホールは老朽化が著しかったため及び耐震性不足の観点から取り壊しが決定され、2007年4月末に閉鎖されたのち解体された。しかし細江町地域の市民からの強い要望から新ホールが再び作られることになり、音楽の街をめざす浜松市の意向も取り入れ、音楽主体の多目的ホールとして2011年4月にホールをリニューアル開業した[2]

北区の井伊谷地区を中心に浜松市を舞台とし2017年1月から12月まで放送されたNHK大河ドラマおんな城主 直虎』の大河ドラマ館が、2017年1月15日から2018年1月14日まで開催された[3][4]。これに伴い、同期間中は施設利用の制限が行なわれた。

  • ホール - 座席数496人。(うち移動席208)
  • リハーサル室
  • 会議室 - 大、中、小
  • 講義室
  • 展示ギャラリー
  • 和室1号、2号
  • 調理実習室

利用者数編集

  • 2011年度(平成23年度) - 66,426人[5]

交通アクセス編集

その他編集

  • 開館時間: 9:00–21:30
  • 休館日: 祝日、年末年始

脚注編集

外部リンク編集