メインメニューを開く

浜田 広綱(はまだ ひろつな)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将葛西氏の家臣。陸奥国東館城主。

 
浜田広綱
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永3年(1523年
死没 文禄元年(1592年
主君 葛西氏
氏族 浜田氏
父母 浜田宗綱
江刺重俊江刺信雄信綱
テンプレートを表示

略歴編集

大永3年(1523年)、誕生。気仙地方の旗頭で陸前高田の東館城主。

天正14年(1586年)の歌津合戦で本吉重継を撃破し併合した。天正15年(1587年)、気仙沼の宿敵赤岩城主・熊谷直義と決戦に挑むが、主君の葛西氏が熊谷氏を支援し、熊谷勢の伏兵に遭うなどして戦線が膠着したため、一度は停戦。しかし、翌天正16年(1588年3月には再び所領減の措置を不服とし、及川氏に奪われていた米ヶ崎城を奪回するが敗北(浜田兵乱)、所領を失った。

跡を三男・信綱が引き継いだが[1]奥州仕置で改易され、葛西大崎一揆に加担。伊達政宗により謀殺されたため勢力を失い、広綱は隠遁した。

文禄元年(1592年)、死去。享年70。

脚注編集

  1. ^ 重俊・信雄は近隣の国人・江刺氏へ養嗣子として入っていた。