旧暦3月(きゅうれきさんがつ)は、旧暦太陰太陽暦)の年初から3番目のである。

天保暦よりも前の定義では、穀雨を含む月を3月とする。新暦では3月下旬から5月上旬ごろに当たる。

3月の別名は弥生やよい)である。名前の由来は3月を参照のこと。異名は「きしゅん(季春)」。

東洋の太陰太陽暦では月の日数である大小(大月30日、小月29日)が年により異なるため、3月29日までで3月30日は存在しない年もある。

関連項目編集