メインメニューを開く

浜野 保樹(はまの やすき、1951年4月11日 - 2014年1月3日)は、日本のメディア学者。東京大学名誉教授[1][2]東京工科大学教授[3][4]。専門はコミュニケーション論、メディア論など。兵庫県出身[5]

浜野 保樹
人物情報
生誕 1951年4月11日
兵庫県高砂市
死没 (2014-01-03) 2014年1月3日(62歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 国際基督教大学
学問
研究分野 メディア学、映画研究
研究機関 東京大学東京工科大学
主な受賞歴 瑞宝小綬章
テンプレートを表示

目次

経歴編集

兵庫県高砂市生まれ[6]。1975年国際基督教大学卒。1977年に渡米して、ハーバード大学教育大学院教育工学センター客員研究員、バンクストリート大学子どもテクノロジーセンター客員研究員[7]

1980年、国際基督教大学・大学院博士後期課程単位取得退学、助手。1982年新潟大学助手、1983年メディア教育開発センター(旧・放送教育開発センター)助教授、1999年東大情報学研究科助教授、2003年「コンテント制作のロジスティックスに関する研究」で東京大学工学博士、2004年東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、2012年東京大学名誉教授、東京工科大学メディア学部教授[1][4]

黒澤明の『どですかでん』の助監督を務めたといい[8]、映像論、アニメ評論などの著訳書も多く、スタンリー・キューブリックに関するものが著名だが、1993年には岩波新書で刊行した『小津安二郎』が、高橋治佐藤忠男の関連著作と、よく類似していると指摘され短期間で絶版となった。なお当人は、同じ資料を使っただけと弁明した。黒澤明文化振興財団理事をつとめた[9]

「歌舞伎を救った男」とされるフォービアン・バワーズについて、GHQの公開文書に基づき疑念を投げかけた米国学者の説に依拠しつつ、その虚偽を明らかにした(『偽りの民主主義』)

2014年1月3日午後0時10分、脳梗塞のため東京都新宿区の病院で死去[2][3]。62歳没。歿日付で従四位瑞宝小綬章受章。

著書編集

  • 『ハイパーメディア・ギャラクシー コンピューターの次にくるもの』福武書店 1988
  • 『コンピューターの終焉 ハイパーメディア・ギャラクシー2』福武書店 1989
  • キューブリック・ミステリー 『2001年宇宙の旅』論』福武ブックス 1990
  • 『ハイパーメディアと教育革命 「学ぶもののメディア」としてのコンピュータの出現』アスキー 1990
  • 『メディアの世紀 アメリカ神話の創造者たち』岩波書店 1991
  • 『イデオロギーとしてのメディア ハイパーメディア・ギャラクシー3』福武書店 1992
  • 『小津安二郎』岩波新書 1993
  • 『マルチメディアマインド デジタル革命がもたらすもの』ビー・エヌ・エヌ 1994
  • 『大衆との決別 マルチメディアマインド2』ビー・エヌ・エヌ 1995
  • 『デジタル革命の衝撃』ペンローグ 1996
  • 『極端に短いインターネットの歴史』晶文社 1997
  • 『表現のビジネス コンテント制作論』東京大学出版会 2003
  • 『模倣される日本 映画、アニメから料理、ファッションまで』祥伝社新書 2005
  • 『偽りの民主主義 GHQ・映画・歌舞伎の戦後秘史』角川書店 2008
  • 『極端に短いインターネットの歴史』(電子書籍)ボイジャー 2010
  • 『解説「虎 虎 虎』-根本的には悲劇であることが土台だ』(電子書籍)ボイジャー 2011

編著編集

翻訳編集

  • アラン・ケイ 『マルチメディア 21世紀のテクノロジー』 岩波書店 1993
  • アルバート・ゴア 『GII世界情報基盤』 ビー・エヌ・エヌ 1995
  • クリストファー・バーナット 『サイバービジネス』 NTT出版 1997
  • ピアース・ビゾニー 『未来映画術「2001年宇宙の旅」』 門馬淳子共訳 晶文社 1997
  • ティッパー・ゴア 『副大統領夫人の写真日記』 朝日新聞社 1998
  • ジョエル・ブリンクリー 『デジタルテレビ日米戦争 国家と業界のエゴが「世界標準」を生む構図』 服部桂共訳 アスキー 2001
  • ヴィンセント・ロブロット 『映画監督 スタンリー・キューブリック』 櫻井英里子共訳 晶文社 2004
  • クリスティアーヌ・キューブリック編著 『スタンリー・キューブリック 写真で見るその人生』 愛育社 2004

脚注編集

  1. ^ a b 朝日新聞. “「メディアの世紀」浜野保樹さん死去 東大名誉教授:朝日新聞デジタル -”. 2014年1月5日閲覧。
  2. ^ a b 毎日新聞. “訃報浜野保樹さん62歳=東京工科大教授 - 毎日新聞 -”. 2014年1月5日閲覧。
  3. ^ a b 東京工科大学. “濱野 保樹 メディア学部 教員紹介 大学・大学院案内 東京工科大学 -”. 2012年6月22日閲覧。
  4. ^ a b 読売新聞. “浜野保樹氏=東京工科大教授 おくやみ 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. 2014年1月5日閲覧。
  5. ^ 三島市立図書館. “典拠詳細 - 三島市立図書館”. 2014年1月5日閲覧。
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  8. ^ 追悼 マルチメディアと浜野保樹さん中村伊知哉、ハフポスト日本版、 2014年03月07日
  9. ^ 朝日新聞人物データベース

外部リンク編集