浪花 愛(なにわ あい、1958年11月18日[1] - )は、日本漫画家東京都出身。女性。なにわあいと平仮名表記されることもある。

自身の妊娠、子育てを描いた『来訪者シリーズ』、家族と飼い猫を描いた『ねこばなし』が代表作。

略歴編集

東京都出身。1978年にプロデビュー。

月刊OUT』、『アニパロコミックス』(ともにみのり書房刊)に『機動戦士ガンダム』の登場キャラクターであるシャア・アズナブルガルマ・ザビなどを擬人化された猫のキャラクターとして描いた「シャア猫のこと」を連載し、人気を博す。特にアニパロコミックス時代はゆうきまさみらとともに同誌の主力作家として活躍、後のアニメ同人誌ブームにつながるアニパロ(アニメパロディ)と呼ばれるジャンルを広めた人物でもある。

デビュー以前からかなりのアニメファンで、特に好きだった『銀河旋風ブライガー』を始めとする『J9シリーズ』、『ルパン三世』、『キャプテン翼』等のパロディ作品において有名。

ペンネームはアニメの『超電磁ロボ コン・バトラーV』のメインキャラ・浪花十三からつけたもの。

自身の子育て生活を描いた作品『来訪者シリーズ』によれば、第一子(長女)の名前はほしみ。第二子(長男)はひかる

同時期に『まんがタイムスペシャル』(芳文社)でも、子育て漫画『みちるの玉手箱(たまてばこ)』を連載していたが、こちらの作品では、子供達は別の名前で描かれている。

著作編集

  • あい・らぶ・わあるど(徳間書店
    • やったね!アヤちゃん(学習研究社中三コース連載)を収録
  • シャア猫のこと(みのり書房)
  • 灰皿猫(みのり書房)
  • 来訪者シリーズ
    • 来訪者(みのり書房)
    • ちいさな来訪者(全5巻、ラポート
    • 本当にあった事件シリーズ(既刊2巻、竹書房
    • 来訪者(全4巻、桃園書房
  • ねこばなし(全3巻、司書房

主な単行本未収録作品編集

  • 五右エ門金魚の日々(アニパロコミックス(みのり書房))
  • あいちゃんのアニメえっ?!日記(アニメージュ(徳間書店))※エッセイ
  • みちるの玉手箱(まんがタイムスペシャル(芳文社))
  • じぞー&じろー(まんがライフバラエティ(竹書房))

挿絵編集

出典編集

  1. ^ みのり書房 月刊OUT 1983年12月号 p.173 OUTべんりカレンダーより

外部サイト編集