メインメニューを開く

海上花列伝』(かいじょうかれつでん、呉語:海上花列傳、法呉:Hêdzânho-liqdzoe注音符号:ㄏㄞˇㄕㄤˋㄏㄨㄚㄌㄧㄝˋㄓㄨㄢˋ;英語: Hai-shang hua lieh-chuan, "Sing-Song Girls of Shanghai"[1] ,"Biographies of Flowers by the Seashore"[2])~は江蘇省松江府(現・上海市)の小説家韓邦慶1856年1894年)によって著された末の長編白話小説である。1892年に個人雑誌「海上奇書」に前半の30回(30章)が連載され、1894年に全64回が単行本化された(単行本化の直後に、韓邦慶は39歳で病死)。呉語蘇州語)の小説としては最も有名であり、清末の上海に10(約5km)四方に広がっていた花街での生活を中心として、花街に出入りする名士や俳優の遊興のさま等、当時の世相や社会風俗を描いた作品として知られる。

全章を通じて、会話は19世紀の呉語小説でよく使われた呉語白話文中国語版で書かれ、蘇州地方の方言が活用されている。『海上花列伝』は呉語文学の最高作品と言われる事も多い。

20世紀中国の小説家・張愛玲は、英文への翻訳作業を行い、英語版を完成させた。

1998年には日本台湾合作で、トニー・レオン主演、羽田美智子をヒロインとして映画化された。邦題は『フラワーズ・オブ・シャンハイ』。

日本語訳は、太田辰夫訳『海上花列伝』平凡社中国古典文学大系49〉。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Forbes, p. 240.
  2. ^ p. 355

外部リンク編集