メインメニューを開く

海程」(かいてい)は、金子兜太の主宰する俳誌。1962年4月、出澤柵太郎 (三太)により東京都で発行、1985年より金子兜太編集の同人誌となる[1]。師系・加藤楸邨。創刊同人に隈治人林田紀音夫堀葦男など。60年代の俳壇に起こっていた伝統回帰の風潮に対し、自由で個性的な表現を目指し前衛俳句の中心誌となり[1]、金子の提唱する「造形俳句」の実践の場として戦後俳句に影響を与えた[2]。批評活動も活発に行い、多くの新人作家を輩出した。2018年7月発行の第544号をもって終刊となった。後継誌は2018年9月創刊の「海原」[3]

主な参加者編集

括弧内は各自の主宰誌・または代表を務める俳誌。退会者も含む。

脚註編集

参考文献編集

  • 五島高資 「海程」 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年、127頁
  • 阿部誠文 「海程」 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年、132-133頁