メインメニューを開く

海部 昂蔵(かいふ こうぞう、1850年 - 1927年)は、尾張徳川家家職 [1]。弟の荘蔵ら兄弟と養鶏業を営み、名古屋コーチンの元となる海部種を開発する。弟らに養鶏業を任せ、1882年(明治15年)から、同家の開墾場が置かれた北海道八雲村で開拓代表委員となり、指導にあたった[2][3]。1900年から1904年まで私立明倫中学校初代校長[4]。1903年(明治36年)12月19日から1914年(大正3年)5月1日まで、尾張徳川家の家令、同年から同家の御相談人を務めた[1]海部俊樹の曽祖父にあたる[3][5]

脚注編集

  1. ^ a b 香山 2015, p. 1.
  2. ^ 大石 1994, p. 37.
  3. ^ a b 豊田 1983, pp. 3-6.
  4. ^ 歴史 - 愛知県立明和高等学校 2016年12月12日閲覧。
  5. ^ 大石 (1994, p. 62)および小田部 (1988, p. 42)は、海部俊樹の祖父にあたる、としている。

参考文献編集

  • 香山, 里絵「明倫博物館から徳川美術館へ‐美術館設立発表と設立準備」 (pdf) 『金鯱叢書』第42巻、徳川美術館、2015年3月、 27-41頁、 ISSN 2188-75942016年10月3日閲覧。
  • 大石, 勇『伝統工芸の創生‐北海道八雲町の「熊彫」と徳川義親』吉川弘文館、1994年。ISBN 4642036563
  • 小田部, 雄次『徳川義親の十五年戦争』青木書店、1988年。ISBN 4250880192
  • 豊田行二『海部俊樹・全人像』行政問題研究所、1983年11月。ISBN 978-4905786276