小田部 雄次(おたべ ゆうじ、1952年6月25日[1]- )は、日本歴史学者静岡福祉大学名誉教授[2][3]。専門は日本近現代史[4]皇室制度[5]華族制度)。

略歴編集

東京に生まれ、茨城県水戸市に育つ。茨城県立水戸第一高等学校を経て、茨城大学人文学部卒業。1985年立教大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。静岡精華短期大学国際文化学科助教授[6]、2002年ビジネス情報学科教授、2004年静岡福祉大学 社会福祉学部教授 [4]

専攻は日本近現代史で[7]、立教大学では粟屋憲太郎に師事し日本ファシズムを研究[8]、その過程で内務官僚松本学の日記や安岡正篤書簡を通じて学習院赤化事件革新華族の存在に注目する[9]。 その後、『徳川義親日記』を通じて[10][11][12]華族制度史への研究へ移り、華族財産や家宝の売却過程に関する研究も行う[13][14][15][7]。さらに共同通信社会部長・宮内庁記者の高橋紘の紹介で旧皇族妃梨本伊都子梨本宮伊都子妃の日記を読み[16]、宮中と女性などをテーマに皇族研究を行う[4][17]

エピソード編集

"竹田恒泰"に対して、恒泰の父である恆和は、父の恒徳王が皇籍離脱した後に生まれているため、生涯で一度も皇族であったことはない。また、1920年5月19日に内規として裁定された「皇族の降下に関する施行準則」では「長子孫の系統四世を除く全ての王が華族に降下する」ことに定められている。竹田宮の場合、北白川宮能久親王が1世、竹田宮恒久王が2世、離脱した竹田宮恒徳王が3世、同じく離脱した竹田宮恒正王が4世であり、この世代以降は全て皇族ではなく華族となる[18]と主張している。

著作編集

単著編集

共編著ほか編集

  • 粟屋憲太郎)『二・二六事件前後の国民動員』、大月書店〈資料日本現代史 9〉、1984年。
  • 岡部牧夫)『華族財産関係資料』上・下巻。不二出版、1986年。
  • 河井弥八高橋紘・粟屋)『昭和初期の天皇と宮中 : 侍従次長河井弥八日記』、岩波書店、1993年-1994年。
  • 林博史山田朗)『キーワード 日本の戦争犯罪』、雄山閣出版、1995年。
  • (山田朗)『近代の戦争と外交』、東京堂出版〈展望日本歴史 22〉、2004年。
  • (明石元紹)『君は天皇をどうしたいのかね?』、敬文舎、2017年。
  • 小田部雄次「書評と紹介 タキエ・スギヤマ・リブラ著、竹内洋ほか訳『近代日本の上流階級--華族のエスノグラフィー』」『日本歴史』第637号、吉川弘文館、2001年7月、 116-118頁、 ISSN 0386-9164NAID 40003069908
  • 『雅子さまの言葉 愛と涙の27年』監修、別冊宝島編集部編、宝島社、2020年

参考文献編集

  • 伊香俊哉「「徳川義親の15年戦争」小田部雄次」『史苑』第49巻第2号、立教大学、1989年9月、 100-103頁、 doi:10.14992/00001260ISSN 0386-9318
  • 松村啓一「新刊紹介 小田部雄次著『大元帥と皇族軍人 明治編』『同 大正・昭和編』」『洛北史学』第19号、洛北史学会、京都、2017年、 138-141頁。

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ ホーム > 大学紹介 > 教員紹介 > 福祉心理学科”. 静岡福祉大学. 2014年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  3. ^ 小田部 雄次 | 研究者情報 | OTABE Yuji” (日本語). JGLOBAL (2013年4月17日). 2019年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月20日閲覧。
  4. ^ a b c 小田部 雄次”. KAKEN. 2019年10月20日閲覧。
  5. ^ 戦後日本における「家」意識の崩壊と、非婚・少子化との連関性、および天皇制の変質”. KAKEN. 2019年10月20日閲覧。
  6. ^ 加藤 一夫 (静岡精華短期大学, 国際文化学科, 教授 (90249251)); 渡部茂己 (静岡精華短期大学, 国際文化学科, 助教授 (10249253)); 小田部雄次 (静岡精華短期大学, 国際文化学科, 助教授 (30249255)) (1993年度–1994年度). “「カンボジア暫定統治機構」の事例を中心とする国連平和維持活動の多角的研究”. KAKEN. 2019年10月20日閲覧。
  7. ^ a b 小田部雄次「皇族・華族について詳しく教えて下さい。 (新年特集 学び直す日本史の常識)」『日本歴史』第764号、吉川弘文館、2012年1月、 58-61頁、 ISSN 0386-9164NAID 40019126671
  8. ^ 小田部雄次「二・二六事件、首謀者は誰か」『満州事変〜敗戦』藤原彰、大月書店、1989年(日本語)。
  9. ^ 小田部雄次「華族赤化事件 (2011年10月号特集 消えた名家・名門の謎) -- (特集事件史)」『歴史読本』第56巻第10号、新人物往来社、2011年10月、 216-221頁、 NAID 40018978120
  10. ^ 粟屋憲太郎、小田部雄次 title=「徳川義親日記」と三月事件『中央公論』第99巻第7号、中央公論新社、1984年7月、 300-308頁、 ISSN 0529-6838NAID 40002395998
  11. ^ 粟屋憲太郎、小田部雄次「「大東亜戦争」と徳川義親」『中央公論』第99巻第8号、中央公論新社、1984年8月、 284-303頁、 ISSN 0529-6838NAID 40002396091
  12. ^ 小田部雄次「敗戦後の徳川義親--「徳川義親日記」を中心に」『史苑』第45巻第1号、立教大学、1986年3月、 1-25頁、 doi:10.14992/00001212ISSN 0386-9318
  13. ^ 小田部雄次「1920年代における華族世襲財産の変様--華族世襲財産に関する新資料を中心に」『日本史研究』第288号、日本史研究会、1986年8月、 58-72頁、 ISSN 0386-8850NAID 40002929913
  14. ^ 小田部雄次「日清日露戦争と華族 (特集 華族・皇族の真実) -- (追跡 華族80年 激動の軌跡)」『歴史読本』第47巻第5号、新人物往来社、2002年5月、 114-117頁、 NAID 40003828647
  15. ^ 小田部雄次「華族の肖像 (特集 古写真集成 明治人の肖像) -- (特集ワイド 明治肖像大全--古写真・肖像画のすべて)」『歴史読本』第54巻第3号、新人物往来社、2009年3月、 78-88頁、 NAID 40016450802
  16. ^ 小田部雄次「特集読み物 梨本宮妃伊都子の記した「心得ぐさ」を読む 華族令嬢の心がまえ (特集 華族 : 近代日本を彩った名家の実像)」『歴史読本』第58巻第10号、中経出版、2013年10月、 178-183頁、 NAID 40019791838
  17. ^ 近代天皇制における女性の社会的位置について”. KAKEN. 2019年10月20日閲覧。
  18. ^ 小田部雄次『皇族 天皇家の近現代史』〈中公新書〉、2011年、96-98頁。ISBN 978-4121020116
  19. ^ 伊香 1989, pp. 100-103.
  20. ^ ISBN 9784642058292