メインメニューを開く

芸能花舞台(げいのうはなぶたい)は、NHK教育テレビジョン1988年4月8日[1]から2011年3月24日まで放送された伝統芸能番組である。一時期、デジタル衛星ハイビジョンでも放送した。横浜市にある放送ライブラリーにて過去の放送内容の一部を閲覧することができる。

目次

概要編集

日本舞踊箏曲尺八歌舞伎邦楽文楽など日本の伝統芸能を幅広く扱う番組であり、取り上げる演目は人間国宝などを含む一流のものだけだなく中堅・若手の演目や「伝説の至芸」と題してすでに故人となっている名手の演目も取り上げた。スタジオゲストには舞踊家演奏家などのほか、評論家作家などの出演も多い。毎年夏季には「夏のリクエスト特選」と題し、今までの放送の中で最もリクエストの多かった回を再度放送する。

2011年4月からは『にっぽんの芸能』の第二部「芸能百花繚乱」としてリニューアル、『芸能花舞台』としては放送23年の歴史に幕を下ろした。最後に本番組の司会を担当した古谷敏郎も『にっぽんの芸能』へのシフトとなる。

「伝説の至芸」で紹介された人物編集

日本舞踊編集

邦楽編集

新派編集

俳優編集

放送時間の変遷編集

2008年度以降編集

  • 毎週木曜 14:00 - 14:45
  • 毎週日曜 23:30 - 24:15(再放送)

過去編集

  • 毎週金曜 21:00 - 21:45
  • 毎週土曜 19:00 - 19:45

2006年度まで編集

  • 翌週月曜(日曜深夜) 24:15 - 25:00(再放送)

2007年度編集

  • 毎週土曜 13:00 - 13:45
  • 翌週日曜 23:00 - 23:45 ないしは 23:30 - 24:15(再々放送)

司会者編集

2005年度まで編集

2006年度から2008年度まで編集

2009年度編集

  • 髙橋美鈴(NHKアナウンサー) - 髙橋は出産育児のため、同年秋以降休養に入った。このため、同僚の葛西聖司(アナウンサー)が代行した。

2010年度編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集