清水たみ子

日本の児童文学作家、詩人。

清水 たみ子(しみず たみこ、1915年3月6日 - )は、日本の児童文学作家詩人埼玉県生まれ。東京府立第五高等女学校(現東京都立富士高等学校)卒。北原白秋の指導を受け、「赤い鳥」に児童自由詩や童謡を投稿する。1991年「清水たみ子詩集 かたつむりの詩」で第21回赤い鳥文学賞、第21回日本童謡賞受賞。日本児童文学者協会日本童謡協会会員[1]

著書編集

  • 『キノミトコドモ』詩 八島進他畫 東京實業社 1943
  • 『タラウチャントムシ 童話絵本シリイズ』高井貞二絵 教養社 1947
  • 『いいこはだあれ』安泰絵 印刷局 学級文庫 1949
  • 『あまのじゃく』深沢邦朗絵 1975 国土社の詩の本
  • 『ぞうおばさんのお店』山本まつ子絵 日本の幼年童話 岩崎書店 1976
  • 『交響曲の父ハイドン加納美年子絵 音楽之友社 1982 ジュニア音楽図書館 作曲家シリーズ
  • 『いなくなったポコ』山本まつ子絵 幼年文学名作選 岩崎書店 1989
  • 『かたつむりの詩 清水たみ子詩集』内山懋画 かど創房 1990
  • 『かみなりさまとくわのき』安井康二画 1998 教育画劇のかみしばい あたらしい民話でてこい
  • 『むかしむかしおにがきた 節分 由来』安井康二画 2002 教育画劇のかみしばい あたらしい行事紙芝居
再話

受賞編集

  • 赤い鳥文学賞 1993 (平成3) 年度・第21回 - 『清水たみ子詩集 かたつむりの詩』[2]

編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2006
  2. ^ 児童文学賞受賞本”. 2017年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月26日閲覧。