清水 吉政(しみず よしまさ、生年未詳 - 天正3年10月23日1575年11月25日))は、戦国時代武将北条氏家臣。通称・小太郎。右京亮とも名乗る。藤原姓を称した。伊豆清水氏の初代当主(実名は不明)の子で、同氏第2代当主清水綱吉(つなよし、下田城清水康英の父)の弟。小太郎、右京亮。子に清水吉広がいる。

北条氏康の傅役であったとされ、幼少時は愚鈍といわれた氏康をよく補佐し、また自信を持たせるために数々の褒め言葉を呈した。享禄3年(1530年)氏康の初陣であった小沢原の戦いに従い、扇谷上杉朝興を破る。怪力の持ち主であったとの言い伝えもある。伊豆国河津南禅寺分を領し、周辺の主家直轄地の代官でもあった。

登場する作品編集

外部リンク編集