メインメニューを開く

清水 孝純(しみず たかよし、1930年1月23日 - )は、比較文学者、九州大学福岡大学名誉教授。

東京生まれ。第一高等学校理科卒業、病気のため学業を中断ののち、東京教育大学国文学入学、仏文学中退、1958年東京大学大学院比較文学比較文化入学、博士課程中退、日本大学講師、69年九州大学助教授、教授、82年『ドストエフスキー・ノート』で第1回池田健太郎賞受賞。1992年定年退官、福岡大学教授。2000年退任[1]。2002年『笑いのユートピア 「吾輩は猫である」の世界』で第11回やまなし文学賞受賞。ドストエフスキー、夏目漱石、ヨーロッパ中世文学などについて著書多数。

著書編集

  • 小林秀雄とフランス象徴主義』審美社 1980
  • 『ドストエフスキー・ノート 『罪と罰』の世界』九州大学出版会 1981
  • 『西洋文学への招待 中世の幻想と笑い』九州大学出版会 1982
  • 『祝祭空間の想像力 ヨーロッパ中世文学を読む』講談社学術文庫 1990
  • 『幻景のロシア ペレストロイカの底流』九州大学出版会 1991
  • 『漱石 その反オイディプス的世界』翰林書房 1993
  • 『道化の風景 ドストエフスキーを読む』九州大学出版会 1994
  • 『交響する群像(『カラマーゾフの兄弟』を読む 1)』九州大学出版会 1998
  • 『漱石そのユートピア的世界』翰林書房 1998
  • 『闇の王国・光の王国(『カラマーゾフの兄弟』を読む 2)』九州大学出版会 1999
  • 『新たなる出発(『カラマーゾフの兄弟』を読む 3)』九州大学出版会 2001
  • 『笑いのユートピア 『吾輩は猫である』の世界』翰林書房 2002
  • 『ルネサンスの文学 遍歴とパノラマ』講談社学術文庫 2007
  • 『『白痴』を読む』九州大学出版会、2013 
  • 『漱石『夢十夜』探索―闇に浮かぶ道標』翰林書房、2015

論文編集

脚注編集

  1. ^ 「清水孝純教授 略歴・著作目録」福岡大学人文論叢 2000-03