メインメニューを開く
清水徳太郎

清水 徳太郎(しみず とくたろう、1882年明治15年)2月8日[1] - 1963年昭和38年)11月28日)は、日本鉄道内務官僚政治家。官選和歌山県知事衆議院議員

目次

経歴編集

富山県出身[2]。清水源次郎の三男として生まれる。第四高等学校を経て、1909年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し、さらに同大学院で学ぶ。1910年11月、文官高等試験行政科試験に合格し、鉄道院書記となる。以後、鉄道院副参事、同参事を歴任。

その後、内務省に転じ山形県西置賜郡長に就任。以後、栃木県理事官、奈良県警察部長、宮崎県警察部長、山形県警察部長、山形県書記官・警察部長、同県書記官・内務部長などを歴任。1927年3月、和歌山県知事に就任するが、同年5月17日に休職となり[3]、その後に退官。

1928年2月の第16回衆議院議員総選挙に山形県第2区から立憲民政党候補として出馬し当選。以後、第20回総選挙まで連続5期当選した。しかし、衆議院議員選挙法違反により1941年4月2日に大審院で有罪が確定し議員の資格を消失した[4]

戦後、1947年4月の第23回総選挙民主党候補として富山県第1区から出馬したが返り咲きを果たすことはできなかった。

著作編集

  • 『最近欧米各国事情 - 欧米遍歴』三省堂、1933年。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、23頁。
  2. ^ 参考文献『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』315頁では山形県出身。
  3. ^ 『官報』第113号、昭和2年5月18日。
  4. ^ 『官報』第4280号、昭和16年4月16日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。