メインメニューを開く

清輝楼(清輝樓、せいきろう)は、京都府宮津市魚屋937にある旅館。1901年(明治34年)に竣工した建物が何度か増築されており、2010年(平成22年)4月28日には登録有形文化財に登録された[1][2]。2017年(平成29年)4月、文化庁により、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリー「日本遺産」の「丹後ちりめん回廊」を構成する文化財のひとつに認定された[3][4]

清輝楼

Seikiro Ryokan in Miyazu in 2018 ac (1).jpg

ホテル概要
所有者 株式会社清輝楼
開業 元禄年間(1688年-1704年)
所在地 京都府宮津市魚屋937
位置 北緯35度32分16.4秒 東経135度11分42.1秒 / 北緯35.537889度 東経135.195028度 / 35.537889; 135.195028座標: 北緯35度32分16.4秒 東経135度11分42.1秒 / 北緯35.537889度 東経135.195028度 / 35.537889; 135.195028
テンプレートを表示

歴史編集

清は水の澄みて明かなること、キヨシ又はアキラと訓ず、輝は煇に同じ、カガヤクと訓ず。易経(中国の四書五経の一つ)の中に「輝光日新其徳」とあり、清輝はキヨキヒカリの義なり — 清輝楼の名称の由来[5]

元禄年間(1688年-1704年)に宮津城下町の本町に創業した[6]。1901年(明治34年)に現在地の魚屋に移転し、総2階建ての建物(現在の客室棟と大広間棟)を建設した[6]。明治末期頃には北側の棟の西側を増築した。大正初期頃には北側の棟の3階部分を増築して大広間とした(大広間はその後廃されて3室に分割)。1921年(大正10年)から1924年(大正13年)にかけて、南側の棟を西側に拡張し、同時に3階を建て増しして現在の大広間とした[6]

きざはし会(日本工芸会を中心に活動する作家集団)は文人墨客の宿である清輝楼との縁から、2008年(平成20年)より毎年大広間棟3階の大広間でグループ展や作品制作を行っている[7]

建築編集

清輝楼
 
情報
用途 旅館
構造形式 木造瓦葺[2]
建築面積 683[2]
階数 2階建(一部3階建)[2]
竣工 1901年
改築 1924年
文化財 登録有形文化財
指定・登録等日 2010年(平成22年)4月28日
テンプレートを表示

北側(客室棟)と南側(大広間棟)にそれぞれ木造3階建ての2棟が並んでおり、二つの建物を廊下がつないでいる。

南側にある大広間棟の大広間は、60畳の座敷と45畳の次の間という巨大な規模であり、内法高を高めたうえで折上格天井とした特徴的な空間である[8]。2010年(平成22年)4月28日には登録有形文化財に登録された[1][2]

訪れた著名人編集

数多くの著名人が清輝楼を訪れている。清輝楼には彼らの書や絵画作品などが館内に多数展示されており、館主はその様子を「小さなちいさな美術館」と表現している[9]。大広間や客室など建物全体に作品が展示されているが、主に2階と3階には江戸時代の作品が、主に1階には明治時代以降の作品が展示されている[9]

  • 野口雨情 - 詩人。大正時代に二度、昭和時代に一度清輝楼に滞在した[5]。二匹の蛙を描いた色紙が残っている[10]
  • 菊池寛 - 小説家。1932年(昭和7年)から1942年(昭和17年)の間にしばしば清輝楼に滞在した[5]。「岩見の間」を好んだ[5]
  • 河東碧梧桐 - 俳人。与謝蕪村の研究をするために宮津を訪れた際に清輝楼に宿泊した[5]。宮津市小川町にある一心山見性寺には、河東碧悟桐作の与謝蕪村の詩碑がある。
  • 吉田茂 - 政治家。内閣総理大臣。清輝楼に書が残っている[5]
  • 吉川英治 - 小説家。吉川は天橋立で「天橋立大学」の講師を務めており、1943年(昭和18年)に清輝楼に滞在した[5]
  • 稲垣稔次郎 - 染色作家。清輝楼の浴衣やマッチのデザインを手掛けている[5]。絵画が残っている[5]
  • 上村松園 - 日本画家。作品が残っている[5]
  • 鈴木百年 - 日本画家。12枚のふすま絵が残っている[5]
  • 前大峰 - 漆芸家。作品が残っている[5]
  • 芦田均 - 政治家。色紙が残っている[5]
  • 吉澤義則 - 国文学者。色紙が残っている[5]
  • 沢辺北溟 - 宮津藩の儒学者。大広間のふすまに数多くの書が残っている[5]
  • 池松時和 - 政治家。京都府知事。書が残っている[5]

脚注編集

  1. ^ a b 「旅館『清輝楼』と『茶六本館』登録へ 宮津 文化審答申 国の有形文化財」『毎日新聞』2010年3月20日
  2. ^ a b c d e 清輝樓 文化遺産オンライン
  3. ^ 文化庁. “「日本遺産(Japan Heritage)」について” (日本語). 2018年2月20日閲覧。
  4. ^ 文化庁. “日本遺産ポータルサイト「丹後ちりめん回廊」” (日本語). 2018年2月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 文人墨客の宿 清輝楼「小さなちいさな美術館」ご案内 清輝楼
  6. ^ a b c 京都府教育庁指導部文化財保護課『京都府の近代和風建築』京都府教育委員会、2009年、p.578
  7. ^ きざはし会 清輝楼
  8. ^ 京都府教育庁指導部文化財保護課『京都府の近代和風建築』京都府教育委員会、2009年、p.579
  9. ^ a b 小さなちいさな美術館 清輝楼
  10. ^ 桐山秀樹『部屋の記憶』六耀社、2013年、pp.160-161

参考文献編集

  • 京都府教育庁指導部文化財保護課『京都府の近代和風建築』京都府教育委員会、2009年
  • 桐山秀樹『部屋の記憶』六耀社、2013年
  • 『日本の宿 Part2』実業之日本社、1985年

関連項目編集

外部リンク編集