済南府(濟南府、さいなんふ)は、中国にかつて存在した宋代から民国初年にかけて、現在の山東省済南市一帯に設置された。

概要編集

1116年政和6年)、北宋により斉州が済南府に昇格した。済南府は京東東路に属し、歴城禹城章丘長清臨邑の5県を管轄した[1]

のとき、済南府は山東東路に属し、歴城・臨邑・斉河・章丘・禹城・長清・済陽の7県と盤水・中宮・老僧口・上洛口・王舎人店・遙墻・新鎮・安粛・新市・晏城・劉宏・新孫耿・普済・延安・臨済・明水・新安・仁水寨・黎済寨・赤荘・莒鎮・李家荘・帰徳・豊済・陰河・回河・曲堤・旧孫耿・仁豊の29鎮を管轄した[2]

モンゴル帝国により済南府は済南路総管府と改められた。のとき、済南路は中書省に属し、録事司と直属の歴城・章丘・鄒平・済陽の4県と棣州に属する厭次商河陽信無棣の4県と浜州に属する渤海利津霑化の3県の合わせて1司4県2州州領7県を管轄した[3]1367年朱元璋により済南路は済南府の称にもどされた。

のとき、済南府は山東省に属し、直属の歴城・章丘・鄒平・淄川長山新城・斉河・斉東・済陽・禹城・臨邑・長清・肥城青城の15県と泰安州に属する新泰莱蕪の2県と徳州に属する徳平平原の2県と武定州に属する陽信海豊楽陵・商河の4県と浜州に属する利津・霑化・蒲台の3県の合わせて4州26県を管轄した[4]

のとき、済南府は山東省に属し、歴城・章丘・鄒平・淄川・長山・新城・斉河・斉東・済陽・禹城・臨邑・長清・陵・徳平・平原・徳州の1州15県を管轄した[5]

1913年中華民国により済南府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 宋史』地理志一
  2. ^ 金史』地理志中
  3. ^ 元史』地理志一
  4. ^ 明史』地理志二
  5. ^ 清史稿』地理志八