渋川 堯顕(しぶかわ たかあき)は、戦国時代武将九州探題であったとされる。

 
渋川尭顕
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文3年(1534年)?
幕府 室町幕府 九州探題?
氏族 渋川氏
父母 父:渋川尹繁?
兄弟 義長?、義陸?、尭顕
テンプレートを表示

概要編集

九州探題であった渋川義長の弟とも従兄弟とも甥ともいわれるが、系図上での正確な位置は解っていない。

「顕」は渋川氏の祖(初代当主)・渋川義顕に肖ってその一字を取ったものであろうが、「尭」(旧字体:堯)については由来が不明である。渋川氏で「堯」の字を用いている渋川義堯渋川義鏡の養子)の偏諱を受けたと考えられるが確証はないし、また、義長の弟とする説を採れば、渋川義陸とも兄弟であり、3兄弟の中で堯顕だけが足利将軍家から「義」の字を受けていないことになる。

そもそも「渋川堯顕」という名は、郷土史に現れるのみであり、天文3年(1534年)、義長が戦死すると九州探題を称して挙兵し、同年中に筑前国姪浜の興雲山で大内氏に敗れ戦死したと伝わる。実在の人物か不明であるが、現在福岡県福岡市西区姪浜地区にある「探題塚」は堯顕を祀るものとして貝原益軒の『筑前国続風土記』に記されている。

出典編集