「貝原益軒像」 個人蔵 狩野昌運筆 貝原益軒讃 1694年(元禄7年)

貝原 益軒(かいばら えきけん、1630年12月17日寛永7年11月14日) - 1714年10月5日正徳4年8月27日))は、江戸時代本草学者、儒学者。

生涯・人物編集

 
貝原益軒の座像(福岡市中央区・金龍寺)

筑前国(現在の福岡県福岡藩士、黒田藩の祐筆であった貝原寛斎の五男として生まれる。名は篤信、字は子誠、号は柔斎、損軒(晩年に益軒)、通称は久兵衛。

1648年慶安元年)、18歳で福岡藩に仕えたが、1650年(慶安3年)、2代藩主・黒田忠之の怒りに触れ、7年間の浪人生活を送ることとなる。1656年明暦2年)27歳、3代藩主・光之に許され、藩医として帰藩[1]。翌年、藩費による京都留学で本草学や朱子学等を学ぶ。このころ木下順庵山崎闇斎松永尺五向井元升黒川道祐らと交友を深める。また、同藩の宮崎安貞が来訪した。7年間の留学の後、1664年35歳の時、帰藩し、150石の知行を得、藩内での朱子学の講義や、朝鮮通信使への対応をまかされ、また佐賀藩との境界問題の解決に奔走するなど重責を担った。

藩命により『黒田家譜』を編纂。また、益軒の上申から黒田藩が1688年元禄元年)に『筑前国続風土記』の編纂を認めている。

1699年、70歳で役を退き著述業に専念。著書は生涯に60部270余巻に及ぶ。 退役後も藩内をくまなくフィールドワークし『筑前国続風土記』の編纂を継続、1703年(元禄16年)に藩主に献上している。

1714年正徳4年)に没するに臨み、辞世の漢詩2首と倭歌「越し方は一夜ひとよばかりの心地して 八十やそじあまりの夢をみしかな」を残している。

1911年明治44年)6月1日、贈正四位[2]

著書編集

 
『大和本草』(国立科学博物館の展示)

幼少のころに虚弱であったことから、読書家となり博識となった。ただし書物だけにとらわれず自分の足で歩き目で見、手で触り、あるいは口にすることで確かめるという実証主義的な面を持つ。

世に益することを旨とし、多くの人に読まれるようにとの信念から、平易な文体を用いた著書がある。『大和俗訓』の序に「高きに登るには必ず麓よりし、遠きにゆくには必ず近きよりはじむる理あれば」とみえるように、庶民や女子及び幼児などを対象にした幅広い層向けの教育書を著した。

中国で出版された『本草綱目』に訓点を付け、自らの経験から記述を加えた『大和本草』を1709年宝永6年)に発行[3]。これまで中国から伝わる薬草を和名に換えるのが主体であった本草学に、実用的観点からの記述を加え、博物学へ展開される始まりとされ、以後は植物の形状や生態、日用への可能性などに本草学の関心が向けられることとなった[3]

思想書としては、1712年(正徳2年)の『自娯集』。学問の功は思にありとして、教義・道徳・教育等の意見を著した『慎思録』、朱子学への観念的疑問等を著した『大擬録』などがある。

本草書編集

  • 『花譜』- 1694年(元禄7年)
  • 『菜譜』- 1704年(宝永元年)
  • 大和本草』- 1709年(宝永6年)刊行、和装本。

教育書編集

紀行文編集

貝原益軒学習の碑編集

父の知行地で、益軒が幼年を過ごした福岡県飯塚市に「貝原益軒学習の碑」がある。

家族 親族編集

筑前福岡藩で浦奉行をつとめ、「貝原義質教訓書」を著した貝原楽軒が兄である。 貝原好古(かいばらよしふる)は、楽軒の実子であり、後に益軒の養子となる。好古は、藩命で益軒の「筑前国続風土記」編集に助力し、また「日本歳時記」等を著している。益軒39歳の時、秋月藩の知人の医師、江月道達の姪で、当時17歳の初子と結婚、妻は後に「東軒」と号した。和歌が巧みで、益軒に伴い漫遊し、紀行文や「女大学」等に内助した。実子には恵まれなかったが、仲のよい夫婦であったという。益軒自身、生まれつき虚弱であったが、夫人も病弱で、貝原家に残されていた用薬日記には、病気の治療などでしばしば漢方薬を調合していたことが記録されている。妻は益軒に先立つことおよそ8か月、益軒没年の前年に亡くなった。享年62[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 貝原益軒『養生訓・和俗童子訓』(岩波文庫、1961年昭和36年))p.282、『口語 養生訓』(日本評論社、2000年平成12年))pp.379-380
  2. ^ 藤浪剛一 (1936-07-20). 医家先哲肖像集. 刀江書院. p. 100. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1222715/63 
  3. ^ a b 吉田忠 (2013-02-03). “本草学”. 東京人 (都市出版) 321: 40-45. 
  4. ^ 『養生訓』と貝原益軒⑦”. 協通事業 (2018年10月2日). 2019年6月27日閲覧。

参考文献編集

関連文献編集

外部リンク編集