メインメニューを開く

渋谷区立富谷小学校(しぶやくりつ とみがや しょうがっこう)は、東京都渋谷区上原一丁目にある公立小学校。上原一丁目の住宅地に所在する。

渋谷区立富谷小学校
Tomigaya Elementary School
富谷小学校-1.JPG
富谷小学校
(2015年2月14日撮影)
過去の名称 東京府豊多摩郡代々幡町立富谷尋常小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 渋谷区
設立年月日 1931年(昭和6年)4月1日
開校記念日 11月17日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
小学校コード 213170
所在地 151-0064
東京都渋谷区上原一丁目46番4号

北緯35度39分9.57秒 東経139度41分12.68秒 / 北緯35.6526583度 東経139.6868556度 / 35.6526583; 139.6868556座標: 北緯35度39分9.57秒 東経139度41分12.68秒 / 北緯35.6526583度 東経139.6868556度 / 35.6526583; 139.6868556
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

学校は東に東京都立代々木公園明治神宮国立代々木競技場、南に東京大学教養学部東京大学先端科学技術研究センター駒場野公園と、都内でありながら緑の多い学習環境に恵まれた地域である。主要な交通は小田急小田原線代々木八幡駅東京メトロ千代田線代々木公園駅が東側にあり、恵まれた環境と交通の便の良い住宅地域にある。敷地と校舎は東側の隣地の外は公道に面し、南側に正門がある。

沿革編集

経緯

富谷小学校は、1931年(昭和6年)4月1日、東京府豊多摩郡代々幡町立富谷尋常小学校として設立された。

年表
  • 1931年(昭和6年)4月1日 - 東京府豊多摩郡代々幡町立富谷尋常小学校として開校した。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 東京市編入と共に東京府東京市富谷尋常小学校と名称変更した。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 都制施行により東京都富谷国民学校と名称変更した。
  • 1944年(昭和19年)8月20日 - 第二次世界大戦により学童職員が静岡県富山県青森県に集団疎開した。
  • 1945年(昭和20年)5月25日 - 大空襲により校舎が全焼した。
  • 1927年(昭和22年)4月1日 - 文部省令により東京都渋谷区立富谷小学校と名称変更した。
  • 1974年(昭和49年)11月15日 - 第25回全国放送教育研究を発表した。
  • 1982年(昭和57年)10月6日 - 渋谷区研究奨励校(算数科)の研究発表した。
  • 1983年(昭和58年)10月17日 - 渋谷区研究奨励校(社会科)の研究発表した。
  • 1984年(昭和59年)11月16日 - 渋谷区研究奨励校(創造)の研究発表をした。
  • 2002年(平成14年)2月7日 - 渋谷区研究奨励校(生活科)の研究発表した。
  • 2007年(平成19年)11月13日 - 渋谷区研究奨励校(算数、国語、理科)の研究発表した。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 渋谷区研究奨励校(国語教育)の研究発表した。
  • 2011年(平成23年)12月9日 - 渋谷区研究推進校(国語)の研究発表した。


小学校の児童数と教員数[1]
年度 児童総数 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 教員数 職員数
平成23年 353人 64人 57人 66人 63人 56人 47人 22人 9人
平成24年 363人 67人 63人 60人 63人 57人 53人 24人 10人
平成25年 367人 66人 61人 60人 60人 63人 57人 24人 9人
平成26年 382人 65人 67人 67人 61人 63人 59人 23人 7人
平成27年 392人 73人 64人 66人 68人 59人 62人 22人 8人
平成28年 407人 70人 75人 66人 67人 70人 59人 23人 8人
平成29年 444人 98人 73人 74人 66人 66人 67人 26人 9人
平成30年 451人 80人 97人 73人 71人 66人 64人 25人 5人
令和元年 470人 84人 79人 96人 71人 73人 67人 25人 4人

通学区域編集

子供が通学する学校は、住所により指定されている、また、2004年(平成16年)から学校選択希望制を導入しており、入学を希望する学校を選べる。学校選択希望制は、現行の通学区域を維持したうえで、通学区域外の学校を希望することが出来る制度で、特色のある学校づくりや地域に開かれた学校づくりを推進し、区民から選ばれる学校づくり等を図る[2]
住所別通学区域
上原一丁目 富谷一丁目 富谷二丁目 神山町 元代々木町 代々木五丁目
1 - 5番、41 - 47番 全域 1 - 9番、12 - 21番
44番、45番
1 - 3番、43番 全域 1 - 12番、37 - 41番
61 - 67番
通学区域では調整区域を設けている、通学の距離等を考慮し保護者の申請により指定校の変更が出来る区域[3]
調整区域
希望校 指定校 町丁名
富谷小学校 上原小学校 上原一丁目
上原二丁目
富谷二丁目
6 - 20番、36 - 40番
1番
10 - 11番、29 - 43番

進学先中学校編集

住所別通学区域[4]
上原中学校 松濤中学校
上原一丁目 - 三丁目全域
富ヶ谷一丁目 - 二丁目全域
神山町1 - 3番、43番
元代々木五丁目1 - 12番、37 - 41番、61 - 67番
神山町4 - 42番
東京都の卒業者の進路状況
卒業年度 卒業者合計 都内中学校合計 公立中学校 国立中学校 私立中学校 都外中学校合計 その他
平成23年 94,787人 93,067人 76,980人 432人 15,655人 1,558人 162人
平成24年 95,149人 93,465人 77,586人 377人 15,502人 1,540人 144人
平成25年 94,570人 92,815人 77,399人 417人 14,999人 1,608人 147人
平成26年 93,868人 92,273人 76,492人 395人 15,386人 1,449人 146人
平成27年 93,986人 92,461人 76,078人 446人 15,937人 1,370人 155人
平成28年 91,979人 90,465人 74,400人 439人 15,626人 1,384人 130人
平成29年 90,297人 88,781人 72,095人 413人 16,273人 1,393人 123人
平成30年 94,580人 93,004人 75,598人 453人 16,953人 1,423人 153人
100% 98.3% 79.9% 0.5% 17.9% 1.5% 0.2%

交通編集

鉄道

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都教育委員会「令和元年度 公立学校統計調査報告書(学校調査編)」統計表、2019年10月24日、2019年11月12日閲覧
  2. ^ 渋谷区教育委員会 - 学校案内・各種手続[1]
  3. ^ 渋谷区教育委員会 - 学校案内・各種手続。[2]
  4. ^ 渋谷区教育委員会 - 学校案内・各種手続[3]

関連項目編集

外部リンク編集