メインメニューを開く

渋谷 総司(しぶや そうじ、弘化3年(1846年) - 慶応4年3月3日1868年3月26日))は日本の江戸時代末期の志士。本名、渋谷謹三郎。変名を大谷総司とも。赤報隊隊士。

生涯編集

渋谷は弘化3年(1846年)に下総国小金佐津間村(現・千葉県鎌ケ谷市)の名主の次男として生まれる。22歳の時に薩摩藩西郷隆盛らの策謀により、江戸の薩摩藩邸を拠点として関東擾乱策が始まった。倒幕派の渋谷はこれに加わって幹部となり[1]、ほかの浪士と共に江戸で放火、略奪、暴力などを繰り返して、幕府を挑発する行動をとった。そのような行動を幕府は戒めようと何度も取り締まりを行い、乱闘や拘束を繰り返した。

慶応3年(1867年)12月、幕府は諸藩の兵を指揮し、薩摩藩邸の焼き討ちを決行[2]。篠崎彦十郎を始め162名の浪士や藩士、小姓などが死亡または降伏した[3]が、相楽総三水原二郎らは無事に藩邸を脱出し、品川沖の薩摩藩の翔凰丸で紀州へ逃亡した[4]。しかし、相楽と共に乗り込もうとした渋谷や金輪五郎など48名ほどが乗り損ねてしまった[5]。乗り損ねた者は羽田に上陸して四散し、多くが捕らえられたが、渋谷や金輪などは巧みに潜伏しながら東海道を上り、のちに相楽に合流した[6][7]

その後、大政奉還が成立し幕府は崩壊、戊辰戦争が始まる。渋谷や相楽の同志は官軍先鋒嚮導隊赤報隊と称し、年貢半減などを訴えて活動を続けた。しかし、その活動は新政府の反発を買い、偽官軍の烙印を押されてしまう。渋谷のいる一番隊は信濃国へ進み、中山道甲州街道の分岐点である下諏訪宿を新たな拠点とした。しかし、新政府は赤報隊に逮捕命令を出し、追分宿で相楽や渋谷らその他隊士を拘束。3月3日、相楽や渋谷を含む幹部8名を斬罪に処した[8]。享年22。

処刑から60年後(1928年)、相楽の孫・木村亀太郎や、渋谷の甥・渋谷貴重らの活動により[9]、相楽に正五位、渋谷に従五位が贈られた[10]

脚注編集

  1. ^ 長谷川 p.83
  2. ^ 長谷川 p.235
  3. ^ 長谷川 p.253
  4. ^ 長谷川 p.269
  5. ^ 長谷川 p.297
  6. ^ 長谷川 p.301
  7. ^ 長谷川 p.302
  8. ^ 長谷川 p.509
  9. ^ 長谷川 p.60
  10. ^ 魁塚(相楽塚) 2011年9月24日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集