メインメニューを開く

翔凰丸(しょうおうまる)は幕末・明治初期に薩摩藩が保有した軍艦(武装汽船[1])である。

要目編集

概要編集

1964年(元治元年4月)に、薩摩藩が長崎で買い入れたイギリス汽船、ロチウス号が前身だという[1]

1868年1月19日(慶応3年12月25日)の江戸薩摩藩邸の焼討事件の際、相楽総三ら一部関係者の避難に用いられた[1][5]。その際に旧幕府海軍咸臨丸回天丸の追撃を受け、伊豆子浦(現在の静岡県南伊豆町)、紀州九鬼(現在の三重県尾鷲市)での修繕を経て、兵庫港までの逃走には成功したものの、かなりの損傷を受けた[注釈 1][注釈 2][3]。1868年1月28日(慶応4年(明治元年)1月4日)の阿波沖海戦で、僚艦の春日丸に曳航されながら開陽丸との交戦に巻き込まれ、撃沈などの危険があることから井島付近で自焼した[注釈 3][4]

その他編集

  • 書籍にはたびたび 『翔丸』と記される[1][5]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 長谷川 p.267
  2. ^ 翔凰丸【薩摩藩 仮装軍艦 幕末軍艦】”. 日本の歴史ガイド~日本のお城 城跡 史跡 幕末~. 2018年3月13日閲覧。
  3. ^ a b 長谷川 p.273
  4. ^ a b 長谷川 p.327
  5. ^ a b 井上 p.46

注釈編集

  1. ^ 大砲は、1発ずつ撃ったのみで4門とも故障したという。ただし2発が回天丸に命中した。
  2. ^ 当時の船中に伊東祐亨がいた。
  3. ^ 焼かれた翔凰丸は旧幕府海軍の開陽丸に発見されたが、その艦長だった榎本武揚らは薩摩の飛脚船平運丸と見誤ったという。

参考文献編集