渡辺実 (国語学者)

国語学者

渡辺 実(わたなべ みのる、1926年 - 2019年12月6日[1][2])は、日本国語学者国文学者京都大学名誉教授文学博士

人物編集

京都市生まれ。1948年、京都大学文学部卒業。1962年、「国語構文論」で文学博士(京都大学)。大阪女子大学助教授、京都大学教養部助教授、教授1985年退官、名誉教授、上智大学教授、1997年退任。1991年6月から3年間、国語学会代表理事を務めた[2]

2019年12月6日20時56分、肺炎のため、神奈川県藤沢市の病院で死去[1]。93歳没。

著書編集

単著編集

  • 『国語構文論』塙書房 1971
  • 『国語文法論』笠間書院 1974
  • 『平安朝文章史』東京大学出版会 1981 のちちくま学芸文庫 
  • 大鏡の人びと 行動する一族』1987 中公新書
  • 枕草子』1992 岩波セミナーブックス
  • 『日本語概説』1996 岩波テキストブックス
  • 『日本語史要説』1997 岩波テキストブックス
  • 『さすが!日本語』2001 ちくま新書
  • 『国語意味論 関連論文集』塙書房 2002 
  • 『国語表現論』塙書房 2011

共編著編集

  • 『副用語の研究』編 明治書院 1983
  • 『改訂中学校学習指導要領の展開 国語科編』北川茂治共編 明治図書出版 1989
  • 『三省堂詳説古語辞典』秋山虔共編 2000
  • 『日本国語大辞典 第二版』(共編) 2000-2002

校注編集

  • 『伊勢物語』1976 新潮日本古典集成
  • 『新日本古典文学大系 25枕草子』岩波書店 1991

出典編集

  • 『国語表現論』著者紹介 - 紀伊国屋書店BookWeb
  • 大島晃 (1997). “渡辺実教授を送る辞”. 上智大学国文学科紀要 (14): 1–2. NAID 110000469412. 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渡辺実氏が死去 京大名誉教授、国語学 - 京都新聞 2019年12月24日
  2. ^ [1]

外部リンク編集