メインメニューを開く

渡辺 弘之(わたなべ ひろゆき、1939年2月20日 - )は、日本の森林生態学者。京都大学名誉教授。

人物編集

愛媛県今治市生まれ。1961年高知大学農学部卒業、1966年京都大学大学院農学研究科林学専攻博士課程修了。

1966年京都大学農学部附属演習林助手、1971年京都大学農学部講師、1981年京都大学農学部助教授、1990年京都大学農学部教授、1999年京都大学農学部附属演習林長、2002年京都大学停年退職[1]

1972年 京都大学 農学博士 論文の題は「森林における大型土壌動物の落葉粉砕と土壌耕耘に関する研究 : ミミズ類を主として」[2]

著書編集

ほか

共著編集

  • (皆越ようせい) 『土の中の小さな生き物ハンドブック』(文一総合出版、2005年)
  • (宮崎昭・北村貞太郎・桜谷哲夫・中原紘之)『熱帯農学』(朝倉書店、1996年)

訳書編集

  • チャールズ・ダーウィン)渡辺弘之 訳『ミミズと土』平凡社ライブラリー、1994年。ISBN 4582760562
  • (W・ヴィーヴァーズ・カーター)『熱帯多雨林の植物誌』(平凡社、1986年)

論文編集

脚注編集

  1. ^ 「渡辺 弘之」
  2. ^ 博士論文書誌データベース