松平氏

日本の氏族

松平氏(まつだいらし)[注釈 1]は、武家華族だった日本氏族室町時代三河国加茂郡松平郷愛知県豊田市松平町)に興った小豪族であり、松平家康の代に徳川氏に改姓し江戸幕府征夷大将軍家となった。江戸時代に松平氏を称した家には3種あり、三河時代の分流、徳川将軍家一族の親藩、将軍より特に松平姓を与えられた非一族の大名家だが[2]王政復古後には分流の一部と非一族全家が松平姓を廃棄した[3]明治以降松平氏からは29家が華族に列した(侯爵家1家、伯爵家3家、子爵家23家、男爵家2家)[4]

松平氏
家紋
丸に三つ葉葵
本姓 清和源氏新田氏支流
賀茂氏
在原氏
家祖 松平親氏
種別 武家
華族(侯爵)福井松平家
華族(伯爵)松江松平家
華族(伯爵)前橋松平家
華族(伯爵)高松松平家
華族(子爵)上記4家以外旧大名
華族(子爵)松平慶民
華族(男爵)松平斉
華族(男爵)松平正直
出身地 三河国加茂郡松平郷
主な根拠地 三河国
武蔵国
東京府/東京都
著名な人物 松平信光
松平清康
松平広忠
松平元康
支流、分家 松平郷松平家(武家・士族)
徳川氏(武家・公爵)
その他十八松平御家門御連枝等参照
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

松平氏の起源編集

江戸期以降の改鋳も多く出自は確定できていない。『松平村誌』の「松平氏由緒書」では賀茂氏鈴木氏の一族ではないかと推測されている。『古代氏族系譜集成』では松平信重は在原氏であったともされる。また「陰陽寮下司系図―加茂系図」(鈴木真年『百家系図稿』所載)では、松平信盛の父親は賀茂在信だとする。

 
松平氏発跡地(愛知県豊田市西三河松平町
旧・三河国加茂郡重原藩松平郷東加茂郡松平村松平町松平)

松平氏について、同時代資料で確認できる最も古い記録は、3代松平信光以降についてのものであり、それ以前は判然としていない。

後世の徳川氏・松平氏の系譜によると松平親氏清和源氏新田氏の支流[注釈 2]で、上野国新田郡新田荘得川郷(えがわ — 、現在の群馬県太田市徳川町)を拠地とする得川義季(世良田義季、得河三郎義秀とも)の後裔(こうえい)と称する時宗の僧で、松平郷の領主松平太郎左衛門少尉信重娘婿となってその名跡を継ぎ松平親氏を名乗ったと称している。

伊勢氏への被官化編集

同時代の史料によって実在が確認できるのは、親氏の子とも泰親の子ともいわれる3代の松平信光で、室町幕府政所執事の伊勢氏の被官となり、京都に出仕したと記録されるのが武家としての松平家の初出である。これにより三河の足利将軍家直轄領である御料所の経営に食い込んだ信光は、松平郷から見て南の平野の玄関口である額田郡岩津城岡崎市北部岩津町)に居城を移すと[注釈 3]、西三河の平野部に勢力を拡大し各地に諸子を分封して十八松平[注釈 4]と称される多数の分家を創設した。また、同じ頃(寛正年間)に近江国菅浦荘・大浦荘(滋賀県長浜市西浅井町菅浦・大浦)に派遣された京極氏の代官[注釈 5]松平益親という人物がおり、寛正2年(1461年)10月13日、京都の日野勝光の命によって、以前から代官所を襲撃されるなど対立していた菅浦住民に軍事攻撃を仕掛ける際には、大浦住民のみならず、三河からも配下の援軍が数万騎ほど動員された[7]と記録されている。この近江の松平氏も三河の松平氏(三河松平氏)の同族の1人と考えられている[注釈 6]

三河守護一色氏の衰退編集

三河の守護は一色氏であったが、山名氏の与党でもある一色氏の勢力を恐れた室町幕府6代将軍足利義教は、三河守護一色義貫を暗殺し、暗殺に功のあった管領細川氏の一族細川持常を突然三河守護に任じた。これにより三河国内は内戦状態になり、井ノ口砦(岡崎市井ノ口町)を拠点とした額田郡一揆も生じた。この期に乗じた幕府政所執事伊勢貞親被官の北三の松平信光や尾張出身の戸田宗光が勢力を伸ばした。応仁の乱では、松平信光は三河守護細川成之とともに、三河復権を狙う一色氏を破った。なお松平氏は信光の時の内室が一色宗義娘であるとされ、一色氏と姻戚関係にあったとされる[8]

戦国期編集

安祥松平家の発展編集

 
安祥松平家の発祥地である安祥城址(愛知県安城市安城町

戦国時代に信光は、岩津から南下し、岡崎城安祥城を勢力下に置くなど勢力を広げ、自身の子を分立して、竹谷松平家安祥松平家形原松平家岡崎松平家大草松平家)、五井松平家深溝松平家)、能見松平家丸根松平家牧内松平家長沢松平家といった分家を各地に置いた[9]

信光の子のうち、碧海郡安祥城安城市)を与えられた安祥松平家初代の三男親忠1501年没。のち宗家四代に数えられる)は、井田野(岡崎市井田町周辺)[注釈 7]中条氏らを破り武勇を上げたほか、当初与えられていた鴨田郷(岡崎市鴨田町)の館跡に、増上寺開山聖聡孫弟子の愚底を呼び松平氏菩提寺大樹寺を建立した[11][12][13]。また、聖聡弟子の了暁を開山として大恩寺(愛知県豊川市御津町)を中興し、同寺で学んだ第四子の存牛浄土宗総本山知恩院住持を務め皇室との関係を深めた。

親忠の嫡子長親1544年没。五代)は、三河に侵攻してきた北条早雲を、岩津城下井田野(岡崎市井田町周辺)で破ったが、これらの混乱の中宗家岩津松平家は滅び、代わって安祥松平家が勢力を拡大し、松平宗家化するとともに戦国大名へと発展していった。

この安祥松平家に仕えた家臣は、安祥譜代と呼ばれ、徳川最古参の家臣として、『柳営秘鑑』および『三河物語』に記載されている。とりわけ、酒井氏は松平郷時代からの家臣で、松平氏の同族ともいわれる。七代清康による山中城攻略、岡崎城攻略以降の時代は、山中譜代、岡崎譜代として、2番目に記載されている。徳川家臣団の形成に、安祥城時代が大きな影響を及ぼした。

『改正三河後風土記』に「三州十八松平家の事、徳川家是ハ御本家をさしていふ。昌安より岡崎城を清康君に献じ徳川家安祥岡崎を兼領し給ふ」と記載されており、本家分家の関係が詳細に記述されている。

安祥松平家の台頭後も、宗家の座を狙う松平一族の間に内紛が続き、6代に数えられる信忠1531年没)は一族を抑えられず、1523年に父長親の命で若くして隠居させられた。

清康による躍進と今川氏への従属編集

代わって13歳で家督を相続した7代清康1535年没)は翌年岡崎松平家山中城を攻略。明大寺城、岡崎城を取得し、本拠を岡崎に移した[14][15]。岡崎の地では、城下町形成や、岡崎五人衆・代官・小代官体制などの整備を行った。清康は加茂郡・渥美郡の諸豪族を攻めて北三河・東三河まで服属させ三河の統一を進めたが、西に転戦して尾張へと進出したところで家臣に刺殺されてしまった(森山崩れ)。

八代広忠1549年没)は父清康が死んだとき10歳の幼さで、三河と内紛状態となった松平一族を統御できず駿河の戦国大名今川氏の庇護下に入った。混乱の中重要拠点の安祥城は織田に奪われ、現在の岡崎市内で、織田対今川・松平連合軍の間で小豆坂の戦いが行われた。しかし、父清康時代の勢力を取り戻すには至らず、若くして死んだ。

安祥松平家による岡崎奪取以前の、「光重」-「親貞」=「昌安(信貞)」にいたる旧岡崎城主家を、安祥家に対して岡崎松平家と呼ぶことがある。後述の「大草松平家」がこれにあたる。

家康の徳川改姓と家臣化編集

広忠の嫡子竹千代(9代。元服して元康)は今川氏の人質として駿府に送られ、松平氏の三河支配は実質的に中断を余儀なくされた。一方、清康にも広忠にも公式には嫡子以外の男子がいないため(落胤がいたとの説はある)、広忠の死去当時8歳であった竹千代を後見する親族がおらず、また、竹千代の身に万が一があった場合にはそのまま松平氏の滅亡につながる状況にあった。従って、今川氏が竹千代を保護して松平氏を従属した国衆にすることで存続が図られた側面もあった。

永禄3年(1560年)の桶狭間の戦い今川義元が敗死すると、元康は大樹寺住職の説諭を得て生誕地の岡崎城に戻る。やがて今川氏から独立し、名を松平家康と改める。家康は三河を統一すると永禄9年(1566年)に勅許を得て、先祖義季以来の得川の名字を復活させると、さらに嘉字である徳川氏に改めた。ただし、徳川の名乗りは家康一家のみが名乗り、松平諸家の姓は松平に留めた。家康はこれにより自身の家系を松平一族中で別格の存在として内外に認知させることに成功し、「十八松平」諸家は徳川氏の親族ではなく家臣の格である「譜代」に位置付けられた(実際、十八松平諸家は重臣である酒井氏や石川氏の与力・組下とされていた)。

江戸期編集

家康が江戸幕府を開き、征夷大将軍職を世襲するようになったことで徳川氏は武家の棟梁家となったが、徳川の名字を名乗れたのは将軍家御三家嫡流(後に御三卿や、甲府徳川家・館林徳川家の両典厩家にも許される)の当主に限られ、それ以外の親族は松平を称した[16]

たとえば御三家の分家(連枝)は松平を用いたし、越前家・会津家・越智家などの親藩の家も松平を用いた。

十八松平の子孫も多くが大名となり、さらに旗本としても多数の松平家が存続した。また、これらとはべつに、豊臣政権期の羽柴姓と同様に徳川氏と縁戚関係にある一部の有力な譜代大名外様大名にも賞与として松平の名乗りの公称が許され、これらの諸家は江戸時代には松平の姓を用いた。[17]

明治以降編集

王政復古後の慶応4年(1868年)1月2日に元将軍徳川慶喜らが鳥羽伏見の戦いを起こしたのを受けて新政府は1月10日に慶喜追討令を下し、慶喜は朝敵となった。1月27日に政府は賜松平姓を受けていた大名家に対し「徳川慶喜反逆二付テハ松平之苗字ヲ称シ居候族ハ(略)速二各本姓二復」すことを命じる布告を出した。2月8日にも再確認の命令が出されている[3]。これにより元来徳川・松平の一族ではないのに本姓に代わって松平姓を名乗っていた大名家は全家が松平姓を廃棄して本来の姓に復した。また本姓が松平だった家の中からも十八松平に連なる一部の松平家(桜井松平家・大給松平家・滝脇松平家)が恭順の意思を示すため松平姓を廃棄して旧領に由来した新姓(桜井家、大給家、滝脇家)に改姓した[18][19]

しかしそれ以外の本姓が松平の家はそのまま松平姓にとどまった。そのため松平氏を称する華族は29家にも及び、同じ名字を名乗る家の中では最も多かった。爵位の内訳は侯爵家1家、伯爵家3家、子爵家23家、男爵家2家である[4]。徳川姓の家も12家が華族(公爵家3家、侯爵家2家、伯爵家2家、子爵家1家、男爵家4家)となっているので、合わせると徳川・松平家で華族41家を占めている[4]

侯爵になった松平家は福井松平家(越前松平家)である。旧福井藩の現米は11万1010石であることから、本来の爵位は旧中藩知事(現米5万石以上15万石未満)として伯爵であるが[20]松平春嶽の維新の功により1888年(明治21年)に侯爵に陞爵した[21]。伯爵家となったのは越前一族の松江松平家および前橋松平家、ならびに水戸系の高松松平家の3家である。いずれも現米が5万石以上であったため伯爵家に列した[20]。高松松平伯爵家は日本有数の大富豪華族だった。1898年時の高額所得者ランキングにおいて年間所得12万5856円で第10位にランクインしている(旧武家華族で同家より上位に入ったのは前田侯爵家島津公爵家毛利公爵家紀州徳川侯爵家の4家のみだった)[22]

それ以外の旧大名だった松平家は旧小藩知事として子爵家に列している。福井松平の分家である松平慶民も特に子爵に叙せられた。男爵に叙されたのは津山松平の分家である松平斉と、旧福井藩重臣で会津征伐において戦功をあげ、明治以降宮城県知事熊本県知事内務次官貴族院勅撰議員などを歴任した松平正直長沢松平氏)である[23]

松平氏の本姓について編集

松平信光は賀茂氏[24]あるいは姓を称していたことが知られる[要出典]。元来賀茂姓であったのを源姓に改めたものと見られる。三つ葉葵の家紋もまた賀茂氏に由来するともみられている[24]。7代清康は清和源氏(源姓世良田氏)と名乗ったこともある[25]。9代当主となった家康は、今川からの独立直後である永禄4年(1561年)に発給した菅沼氏への安堵状において「源元康」と署しており(「菅沼家譜」『久能山東照宮所蔵文書』)[26][27]、永禄4年から6年の間に、5点の正文を含む6点に「源氏」の署名がみられる[28]

家康の徳川改姓と叙任の際、吉田兼右万里小路家の文書を調査した結果、新田氏系得川氏が二流に分かれ、一方が「藤原姓」となったという先例が発見された[29]。この件には近衛前久が関与しており、その経緯を子である近衛信尹に送った書状が現存している[30]。このため家康の叙爵は「藤原家康」として行われ、以降家康も藤原氏を名乗った。笠谷和比古は源氏の棟梁である足利将軍家に家康がつてを持たなかっただけでなく、将軍家が当時当主不在であるという異常事態を迎えており、取り次ぎを行った近衛前久が官位奏請を行うためには藤原氏一門であるほうが好都合であったという指摘を行っている[31]

米田雄介官務である「壬生家文書」にある口宣を調査したところ、天正14年(1585年)の権中納言就任以前の口宣はすべて藤原姓であるが、天正15年(1586年)などは不明であり、天正20年(1592年)9月、徳川家を清華の家格とする「清華成り」の発給の際には源姓となり、以降一貫して源姓を称していたことが明らかになっている[32][33]。米田は源氏改姓を天正20年と見ているが、笠谷は『聚楽行幸記』で家康が「大納言源家康」と署名したという記事を指摘し、天正16年の聚楽第行幸頃の時期であると見ており、足利義昭の出家による将軍家消滅が契機であったと見ている[34]。以降の現存する発給文書でも源姓となっている[28]

松平宗家の歴代当主と諸分家編集

※ 歴代当主や系譜関係は諸説あるため、ここでは一例を示す。

 
 
 
 
 
 
1松平親氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広親
酒井氏
信広
松平郷松平家
2泰親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3信光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
守家
竹谷松平家
4親忠与副
形原松平家
光重
大草松平家
忠景光親
能見松平家
親則
長沢松平家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元心
五井松平家
忠定
深溝松平家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親長
岩津松平家
乗元
大給松平家
5長親長久親光
西福釜松平家
張忠
矢田松平家
乗清
滝脇松平家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6信忠親盛
福釜松平家
信定
桜井松平家
義春
東条松平家
利長
藤井松平家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7清康信孝
三木松平家
康孝
鵜殿松平家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8広忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9元康(徳川家康)

廃藩置県まで存続した松平を称した大名家一覧編集

藩名は廃藩置県時。

家康前の分流の松平家編集

家康以降の男系の松平家編集

家康の血縁により一族に准じた松平家編集

松平氏の分家ではないが松平姓を許された大名家編集

江戸幕府開府以降、徳川氏は松平氏と血縁関係のない有力大名にも松平の名字を名乗る許可を与えた。これらの大名は公的な場では松平姓を名乗り、本来の名字は使用しなかった。ただし、松平姓を名乗ったのは当主と将軍家への披露が済み、叙位任官を受けた世子に限られ、披露前の世子や一族は本来の名字もしくは別の名字を名乗った[37][38]。これらの家は先述の慶応4年の新政府の復姓命令により全家が松平姓を廃棄して本姓に復している。(鷹司松平家のみ鷹司への復姓ではなく吉井という領地に由来する新姓にしている)。

譜代大名編集

外様大名編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ もともとは松本氏と呼ばれたという[1]
  2. ^ 谷口雄太は、「新田氏流」という概念は軍記物の『太平記』によって生み出された概念で同時代(室町・戦国期)の武家故実の文献などでは全て新田氏は足利氏の支流となっていることを指摘し、世良田氏・得川氏も足利氏の支流と定義するのが正しく、家康もそうした理解をしていたとする[5]
  3. ^ 岩津進出は泰親のときという説もある。
  4. ^ 松平宗家である安祥松平家、すなわち後の徳川宗家も含む。
  5. ^ 菅原正子は、『山科家礼記』の記述を元に当時の菅浦は公家である裏松日野家領であり、益親もその家臣・代官であったとする[6]
  6. ^ 「徳川家譜」(『好古類纂』収録)によれば益親は二代泰親の子だとされる。
  7. ^ 現在、井田町との境に近い鴨田町字向山の西光寺の境内に「井田野古戦場」の看板が建っている[10]

出典編集

  1. ^ 丹羽 1990, pp. 76–77.
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『松平氏』 - コトバンク
  3. ^ a b 井戸田 1985.
  4. ^ a b c 小田部雄次 2006, p. 322-364.
  5. ^ 谷口雄太「足利一門再考 -[足利的秩序]とその崩壊-」『史学雑誌』122巻12号(2013年)/所収:谷口『中世足利氏の血統と権威』(吉川弘文社、2019年) ISBN 978-4-642-02958-2 2019年、P184-191・202.
  6. ^ 菅原 1998, pp. 175–178.
  7. ^ 『室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界』、清水克行、2021年6月発行、新潮社、P71
  8. ^ 平野 2002, pp. 97–101, §. 信光の妻子.
  9. ^ 岡崎市 2017, p. 40.
  10. ^ 井田野古戦場”. 岡崎おでかけナビ. 岡崎市観光協会. 2022年6月8日閲覧。
  11. ^ 大樹寺の歴史, p. 14.
  12. ^ 佐々木洋之「大樹寺の成立過程について -大樹寺と松平親忠-」『印度學佛教學研究』第18巻第1号、日本印度学仏教学会、1969年、 331-333頁。
  13. ^ 岡崎市 2017, p. 79.
  14. ^ kotobank-松平清康, 世界大百科事典 第2版.
  15. ^ kotobank-松平清康, 日本大百科全書(ニッポニカ).
  16. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『徳川氏』 - コトバンク
  17. ^ 村川 2000, p. [要ページ番号].
  18. ^ 世界大百科事典『桜井氏』 - コトバンク
  19. ^ 朝日日本歴史人物事典『大給恒』 - コトバンク
  20. ^ a b 浅見雅男 1994, p. 123.
  21. ^ 小田部雄次 2006, p. 326.
  22. ^ 小田部雄次 2006, p. 64.
  23. ^ 松田敬之 2015, p. 689.
  24. ^ a b 笠谷 1997, p. 36.
  25. ^ 小和田 1994, §. 松平清康.
  26. ^ 静岡県 1994, p. 1102.
  27. ^ 愛知県 2003, p. 61.
  28. ^ a b 笠谷 1997, p. 40.
  29. ^ 笠谷 1997, p. 38.
  30. ^ 笠谷 1997, p. 34.
  31. ^ 笠谷 1997, p. 39.
  32. ^ 笠谷 1997, p. 35.
  33. ^ 米田 1994, p. [要ページ番号].
  34. ^ 笠谷 1997, p. 46.
  35. ^ a b c d ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『久松氏』 - コトバンク
  36. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『奥平氏』 - コトバンク
  37. ^ 村川 2000, §. 松平氏下賜の授受具体像と基本的性格.
  38. ^ 三田村 1997, p. [要ページ番号].
  39. ^ a b 新田完三 1984, p. 770.
  40. ^ 新田完三 1984, p. 147.
  41. ^ 新田完三 1984, p. 888.
  42. ^ 新田完三 1984, p. 326.
  43. ^ 新田完三 1984, p. 823.
  44. ^ 新田完三 1984, p. 227.
  45. ^ 新田完三 1984, p. 433.
  46. ^ 新田完三 1984, p. 870.
  47. ^ 新田完三 1984, p. 170.
  48. ^ 新田完三 1984, p. 318.
  49. ^ 新田完三 1984, p. 722.
  50. ^ 新田完三 1984, p. 559.
  51. ^ 新田完三 1984, p. 210.
  52. ^ a b 新田完三 1984, p. 704.
  53. ^ 新田完三 1984, p. 577.
  54. ^ 新田完三 1984, p. 352.
  55. ^ 新田完三 1984, p. 567.
  56. ^ 新田完三 1984, p. 730.

参考文献編集

  • 愛知県史編さん委員会編 『愛知県史』 資料編 11(織豊 1)、愛知県、2003年3月。全国書誌番号:20418662 
  •  井戸田博史「平民苗字必称令 : 国民皆姓 (PDF) 」 『法政論叢』第21巻、日本法政学会、1985年、 39-48頁、 NAID 110002803974
  • 第1章 岡崎市の歴史的風致形成の背景 (PDF)”. 岡崎市歴史的風致維持向上計画. 岡崎市. 2022年6月3日閲覧。
  • 小和田哲男 著「松平清康」、朝日新聞社 編 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年11月。ISBN 4023400521 
  •  笠谷和比古「徳川家康の源氏改姓問題 (PDF) 」 『日本研究』第16号、国際日本文化研究センター、1997年、 33-48頁、 NAID 40004808755
  • 松平清康”. コトバンク. 2018年11月3日閲覧。
  • 静岡県 編 『静岡県史』 資料編 7 (中世 3)、静岡県、1994年3月。全国書誌番号:95022585 
  • 菅原正子 『中世公家の経済と文化』吉川弘文館、1998年1月。ISBN 4642027629 
  • 丹羽基二 『名字でここまでわかるおもしろ祖先史 : あなたは一体どこから来たのか』青春出版社〈プレイブックス〉、1990年2月。ISBN 4413015185 
  • 平野明夫 『三河松平一族』(初)新人物往来社、2002年5月。ISBN 4404029616 
  • 三田村鳶魚 著、朝倉治彦 編 『武家の生活』中央公論社〈中公文庫, 鳶魚江戸文庫; 11〉、1997年7月。ISBN 978-4122029002。[所収、浅野長勲講演録 Lay summary]。 
  • 村川浩平 『日本近世武家政権論』日本図書刊行会、2000年6月。ISBN 4823105281 
  • 村川浩平「肥前佐賀藩、鍋島氏への松平氏下賜」『駒沢史学』第87号、駒沢史学会、120-137頁、2016年12月。ISSN 04506928 
  • 米田雄介「徳川家康・秀忠の叙位任官文書について」『栃木史学』第8号、国学院大学栃木短期大学史学会、1994年3月、 ISSN 09141960
  • 新行紀一 『大樹寺の歴史』大樹寺、1983年4月17日。 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 新田完三 『内閣文庫蔵諸侯年表』東京堂出版、1984年(昭和59年)。 
  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 松田敬之 『〈華族爵位〉請願人名辞典』吉川弘文館、2015年(平成27年)。ISBN 978-4642014724 

関連項目編集