渡辺秀石

日本の画家

渡辺秀石(わたなべ しゅうせき、寛永16年(1639年) - 宝永4年1月16日1707年2月18日))は、江戸時代前期に長崎で活躍した画家。逸然に就いて画を修め、長崎奉行所から唐絵目利を命ぜられると写生画を基調とする唐絵目利派の祖となった。

布袋渡水図 伝渡辺秀石筆 隠元賛 1672年 絹本着色 萬福寺
双鶴図 渡辺秀石筆 絹本着色

本姓は岩川氏。を元章、仁寿斎・嬾道人などとし、師の画号である煙霞比丘も襲名している。通称は甚吉。

略伝編集

肥後国菊池氏を祖という。商人岩川甚吉の子であったが渡辺に改姓。正保元年(1645年)逸然について北宗画を修め、河村若芝とともに長崎漢画の代表的な画人となる。ともに師と共通の画号である煙霞比丘を襲名している。

元禄10年(1697年)唐絵目利職と御用絵師長崎奉行所に命ぜられ、唐絵目利派の元祖となる。逸然を通じて中国から伝わった北宗画風の絵画が、公に長崎の独自な画風として認められたのである。

秀石は長崎土産となるような異国情緒あふれる長崎の風俗図や細密な花鳥図を画いている。作品は無落款のものが多く、伝存作品が少ない。その人柄は温厚で慎ましく、画神と称賛された。

秀石の一族は代々唐絵目利職を世襲し、2世秀朴・3世元周・4世秀渓・5世秀彩・6世秀詮・7世秀実(鶴洲)・8世元洲と続いた。秀石の弟の渡辺秀岳も画家。

法号は仁寿院元章秀石居士。東林山深崇寺に一族と共に葬られている。

作品編集

  • 「野稲群雀図」伝秀石 長崎歴史文化博物館
  • 「寿老図」伝秀石 長崎歴史文化博物館
  • 「唐夫人図」長崎歴史文化博物館
  • 「雪中梅鶴図」
  • 「布袋渡水図」伝秀石 寛文12年(1672年)萬福寺 
  • 「出島・十善寺絵巻」
  • 「老松双鶴図」

参考文献編集

  • 渡辺秀実『長崎画人伝』
  • 田能村竹田『屠赤瑣瑣録』
  • 『瓊浦画工伝』』(文化元年 春孔撰 文化10年 今井孝寛増訂)
  • 古賀十二郎『長崎画史彙伝』1983年 大正堂書店

出典編集

  • 成澤勝嗣「物はやりの系譜」(「隠元禅師と黄檗宗の絵画展」所載  1991年 神戸市立博物館)
  • 阿野露団『長崎の肖像 長崎派の美術家列伝』1995年 形文社
 
異国人図巻(琉球人・朝鮮人・韃靼人)
 
異国人図巻(阿蘭陀人・毛留人・咬𠺕吧人)