メインメニューを開く

長 続連(ちょう つぐつら)は、戦国時代武将。平信光(長教連の二男)の二男。畠山氏に四代にわたって仕えた重臣。初名は平 勝光(たいら かつみつ)、のちに伯父・長英連の婿養子となり、最初の主君である畠山義続から偏諱を賜って長 続連と名乗る。新九郎、九郎左衛門尉、対馬守。能登国鳳至郡穴水城主。

 
長続連
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天正5年9月15日1577年10月26日
改名 平 勝光 → 長 勝連 → 長 続連
別名 仮名:新九郎、九郎左衛門尉
戒名 怡岩院大雲良悦
墓所 東嶺寺石川県七尾市
官位 対馬守
主君 畠山義続畠山義綱畠山義慶畠山義隆畠山春王丸
氏族 平氏→長氏
父母 父:平信光、母:松波常重
養父:長英連
兄弟 平続重長続連
室:長英連
綱連杉山則直連龍飯川義実連常連盛

生涯編集

畠山七人衆の一人で、数々の主君の放逐や擁立などを行った。織田信長の勢力が能登にまで伸びてくるとこれに近づいて親密な関係を作り、同じ畠山家中の対抗勢力である遊佐氏温井氏などに差をつけ、家中で随一の勢力を誇る重臣となった。

天正4年(1576年)から越後上杉謙信による侵攻を受けたが、続連はこれを七尾城に籠もることで一度は追い返した。しかし翌年の上杉軍との戦いのとき、城内に疫病が発生して形勢が不利になった上、畠山重臣で親上杉派の遊佐続光(妻は平信光の娘で続連とは義兄弟)や温井景隆らが謙信に内応し、落城した。続連をはじめとする長一族はほとんどが城内において殺された。ひそかに派遣した連龍が引き連れた織田の援軍が到着する数日前の出来事であった。

関連項目編集