遊佐氏(ゆさし/ゆざし[注釈 1])は、日本氏族南北朝時代三管領と呼ばれた畠山氏に仕え、子孫は河内国能登国越中国守護代を務めた。

遊佐氏
No image available.svg
種別 武家
出身地 出羽国飽海郡遊佐郷
主な根拠地 河内国
能登国
越中国
著名な人物 遊佐長直
遊佐長教
遊佐続光
遊佐盛光
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

遊佐氏は摂関家荘園である出羽国飽海郡遊佐郷を本拠とし、荘官奥州藤原氏の下で在地領主となった。その後、南北朝時代に畠山氏が奥州探題となって赴任すると、その傘下に入って重臣となり、一族はそれぞれ出羽、河内、能登、越中に分かれた。

河内では、弘和2年/永徳2年(1382年)に畠山金吾家畠山基国が南朝の楠木正儀追討を命じられ、河内に入国すると遊佐長護が守護代に任じられた。その後、畠山金吾家が畠山政長畠山尾州家)と畠山義就畠山総州家)に別れて争うと、遊佐氏も遊佐長直就家に別れて争った。

明応2年(1493年)、畠山政長と遊佐長直が明応の政変により自害する。跡を継いだ遊佐順盛畠山尚順に仕えたが、遊佐長教の代に畠山稙長に対して下克上を起こし、三好長慶と結んで畠山長経政国と当主を挿げ替え権勢を誇った。しかし、天文20年(1551年)、長教は刺客に暗殺された。長教の子・遊佐信教畠山高政秋高兄弟に仕えるが、不和となった畠山秋高を殺害し、結局、織田信長により天正2年(1574年)河内遊佐氏は滅亡したと言われる[6][注釈 2]

能登では遊佐秀頼続光が権力を握ったが、天正9年(1581年)に織田信長により処刑された[8]


能登守護代家
遊佐秀盛-秀頼(または総光)-続光-盛光
河内守護代家
遊佐長直=順盛?-長教-信教

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「ゆさ」と読まれることが多いが[1]、「ゆざ」ともされる[2][3]。『二水記享禄3年(1530年)12月18日条には「遊座」と書かれ[4]、遊佐氏の本貫地・遊佐も「ゆざ」と読む[5]
  2. ^ ただし同時代史料には信教の死亡を伝えるものはなく、小牧・長久手の戦いの頃にも信教と見られる人物の活動が確認できる[7]

出典編集

  1. ^ 谷口 2010, pp. 523-525.
  2. ^ 天野忠幸 『室町幕府分裂と畿内近国の胎動』 吉川弘文館〈列島の戦国史4〉、2020年、29頁。ISBN 978-4-642-06851-2 
  3. ^ 小谷利明 (2020年8月3日). “中世文書1 遊佐順盛(ゆざのぶもり)書状”. 八尾市立歴史民俗資料館. 2021年1月29日閲覧。
  4. ^ 弓倉弘年 『中世後期畿内近国守護の研究』 清文堂出版、2006年、269頁。ISBN 4-7924-0616-1 
  5. ^ 遊佐町」や遊佐町ホームページ参照。
  6. ^ 谷口 2010, pp. 524-525.
  7. ^ 小谷 2017, pp. 146-148.
  8. ^ 『信長公記』

参考文献編集

史料