温泉寺 (神戸市)

兵庫県神戸市北区有馬町にある寺院

温泉寺(おんせんじ)は兵庫県神戸市北区有馬町にある黄檗宗仏教寺院山号は有馬山。本尊薬師如来。宗派はもとは真言宗であった。正式名は有馬山温泉禅寺

温泉寺
Onsenji Kobe01s3200.jpg
本堂
所在地 兵庫県神戸市北区有馬町1643
位置 北緯34度47分44.89秒
東経135度14分53.47秒
座標: 北緯34度47分44.89秒 東経135度14分53.47秒
山号 有馬山
宗派 黄檗宗
本尊 薬師如来
創建年 (伝)神亀元年(724年
開山 (伝)行基
中興 仁西上人
正式名 有馬山温泉禅寺
文化財 木造波夷羅大将立像、黒漆厨子(重要文化財
法人番号 6140005000620 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
御祖師庵
鐘楼

歴史編集

縁起によれば、神亀元年(724年)、薬師如来に衰退しかかっていた有馬温泉を復興するように言われた行基によって、有馬温泉郷の傍、六甲山系愛宕山の中腹に薬師如来を本尊として開かれたとされる。

承徳元年(1097年)に有馬を襲った洪水によって温泉寺も壊滅するが、熊野権現のお告げによって有馬温泉を復興した仁西上人によって建久2年(1191年)に再興される。また、温泉寺の下に12の僧坊・宿坊が設けられた。

天正4年(1576年)に火災で全山焼失したが直ちに再建された。その後再び火災にあい、天正18年(1590年)に現在ある薬師堂が北政所によって再建された。

しかし明治時代初めの廃仏毀釈で、天正18年(1590年)に豊臣秀吉有馬大茶会を開催したとされる阿弥陀堂も含め、真言宗温泉寺は廃寺とされ、薬師堂以外の堂塔は全て取り壊されてしまった。その後、廃寺となった旧温泉寺の奥の院であった黄檗宗清涼院が寺籍を継いで現代に至っている。

境内編集

  • 薬師堂
  • 御祖師庵(みそしあん) - 資料館。行基像と仁西像が安置されている[1]。また、温泉寺の歴史に関する資料も展示されている。
  • 鐘楼

文化財編集

重要文化財編集

その他編集

行事編集

  • 1月2日 - 入初式
  • 11月14日 - 御祖師祭(みそしまつり)

所在地・アクセス編集

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1643

周辺情報編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 新兵庫史を歩く 湯のまちの伝説をたどる”. NHK神戸放送局. 2019年11月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集