湯浅光朝(ゆあさ みつとも、1909年12月20日-2005年1月26日)は、日本の科学史学者。

福井県出身。1932年東京帝国大学理学部物理学科卒。1963年「科学における創造的活動の中心地の移動 十六世紀より二十世紀にいたる」で名古屋大学理学博士

1936年陸軍士官学校教授、1938年陸軍気象部技師を兼任[1]。1941年菅井準一と岩波物理学講座の歴史年表をまとめた[2]。戦後は中央気象台に入り測器課長[3]

1954年神戸大学教授、1973年定年退官、名誉教授、専修大学教授。80年退職[4]

この間、日本科学史学会創立20周年記念事業実行委員長、学会会長を務め、「日本科学技術史大系」(全25巻,別巻1)の記念出版を成功させた[5]。1974年には日本での国際科学史会議開催に尽力した[6]

受賞歴編集

著書編集

編著編集

  • 『解説科学文化史年表』編 中央公論社 1950
  • 『自然科学の名著』編 毎日新聞社 1954
  • 『現代科学技術史年表』編 三一書房 日本現代史年表 1961
  • 『コンサイス科学年表』編著 三省堂 1988

論文編集

脚注編集

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日本人名大辞典
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報