メインメニューを開く

湯浅 初子(ゆあさ はつこ、1860年2月14日安政7年1月23日) - 1935年昭和10年)3月13日)は、明治時代の社会事業家。

徳富一敬、久子の四女として、肥後国水俣(現・熊本県水俣市)に生まれる。弟の徳富蘇峰徳冨蘆花と共に熊本洋学校で英学を学び、1877年(明治10年)より海老名みやらと一緒に同志社でも学ぶ。東京に移り、叔母矢嶋楫子の経営する女子学院の教育を助け、廃娼運動に尽力する。

1885年(明治18年)に湯浅治郎と結婚する。婦人矯風運動にも尽力する。子に湯浅八郎湯浅十郎湯浅与三らがいる。

関連作品編集

参考文献編集

  • 『日本キリスト教歴史大辞典』教文館、1988年