メインメニューを開く

湾岸道路』(わんがんどうろ)は、片岡義男の小説、またそれを原作にした日本の映画。

小説編集

映画編集

1984年9月29日に日本で公開された。東映製作。

スタッフ編集

出演編集

ストーリー編集

杉本健介は妻である芙美子の浪費癖のために、ようやく買うことに漕ぎ着けたハーレーの頭金を支払えなかった。しかし、お互いを深く干渉しない都会的な結婚生活を2年続けていて、それは上手くは行っていた。そのため、芙美子がお金を自由に使うためクラブにアルバイトに行きだし、彼女にお金を払って寝たい客が出てきても彼は許した。妻の浪費癖が身に掛かるという難題は消えたが、同時に彼の中で空虚なことが広がっていく。

備考編集

  • 草刈にとっては前作の映画『汚れた英雄』(1982年)に続いてバイクもの映画への出演である。しかし、レーサーではなく、ハーレーダビッドソンに乗ることに憧れている男性という役柄になっている。

外部リンク編集