満州国国章(蘭花御紋徽,まんしゅうこくのこくしょう)は、『易経』に由来するもので、フジバカマを図案化したものである。「蘭花紋」と呼ばれるが、この「蘭」は英語のOrchidではない[1]

1932年大同元年)に制定された。

満州国の国章
Emblem of the Emperor of Manchukuo.svg
他の種類
Flag of the Emperor of Manchukuo.svg
満州国皇帝旗
詳細
使用者 満州国皇帝
採用 1932年
蘭花御紋徽

脚注編集

  1. ^ 牧野富太郎『植物記』(櫻井書店,昭和18年)所収「満州国皇室の御紋章と蘭」

関連項目編集