メインメニューを開く
 
源包
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位下信濃守
主君 文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:源定、母:不明
兄弟 、宥、
不明
菅原資忠
テンプレートを表示

源 包(みなもと の つつむ)は、平安時代初期の貴族嵯峨源氏大納言源定の子。官位従四位下信濃守

経歴編集

文徳朝末の斉衡3年(856年従五位下叙爵天安2年(858年清和天皇践祚後に中務少輔に任ぜられると、同年11月に天皇の即位を告げるために嵯峨山陵に派遣され、翌貞観元年(859年)の大嘗祭では次第司次官を務めた。貞観2年(860年)従五位上に叙せられると、清和朝前半は治部大輔、後半は木工頭と京官を歴任している。

貞観19年(877年陽成天皇即位に伴う叙位にて正五位下に昇叙されるが、翌元慶2年(878年信濃守として地方官に転じた。のち、時期は不明ながら従四位下に至る。

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『尊卑分脈』

参考文献編集