メインメニューを開く

源 満頼(みなもと の みつより)は、平安時代中期の武士源経基または源満季の子。

 
源満頼
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 満扶
官位 従五位下右馬充但馬介上野掾下野守筑前守
氏族 清和源氏経基
父母 父:源経基または源満季
兄弟 満仲満政満季満実満快満生満重(満成)満頼源元亮室、
藤原惟岳

略歴編集

尊卑分脈』には、何らかの理由により祖父・経基の養子となり、中級貴族として右馬充、但馬介、上野掾、下野守、筑前国守などを歴任し極位は従五位下であったとされる。

その他の事跡については不明。満季の家系は源致公[1]が継承したとされる。

脚注編集