メインメニューを開く

源為満

平安時代後期の武士

源 為満(みなもと の ためみつ)は、平安時代後期の武士

 
源為満
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下甲斐守[1]
氏族 清和源氏経基
父母 父:源満国
源頼信
為公
テンプレートを表示

略歴編集

源満国の長男として誕生。

河内源氏源頼信の娘を娶り嫡男・為公を儲けた。この時期に源満快の後裔で叙爵が確認される者は為満のみであることから、満快の嫡流として都で活動していたことが推察される。父と同じく甲斐守などを務めたとされるが、詳しい官歴及び事跡については不明である。

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』。