メインメニューを開く

溝口 政親(みぞぐち まさちか)は、江戸時代前期の大名越後国沢海藩4代(最後の)藩主。通称は帯刀。

 
溝口政親
時代 江戸時代前期
生誕 承応2年(1653年
死没 元禄6年7月19日1693年8月20日
墓所 滋賀県甲賀市水口町水口森の蓮華寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
越後沢海藩
氏族 加藤氏溝口氏
父母 父:加藤明友、養父:溝口政良

略歴編集

水口藩初代藩主・加藤明友の次男として誕生。3代藩主・溝口政良の養子となる。

天和3年(1683年)、養父・政良の死去により跡を継ぐ。しかし酒乱であったため、家臣が実兄の水口藩2代藩主・加藤明英や幕府に訴え、貞享4年(1687年)に改易された。政親は明英の預かりとなり、500俵扶持を与えられた。墓所は滋賀県甲賀市水口町水口森の蓮華寺。